星の動きで相場がわかる?大富豪も活用「金融占星術」

  AD




各天体には意味がある。
相場との関係でいえば

太陽は「大衆の予想に沿う」動き
月は「一時的な」動き
水星は「早い」動き
金星は「もうかる」
火星は「暴騰か暴落」を示す

それぞれの天体がどの星座にあると、
力を得たり失ったりするのか、
あるいは、天体間の角度などから相場の予想を行うのが、金融占星術のキモとなる。

売買のタイミングは、
その会社の“誕生日”の天体位置に対して、
幸運を表す木星が重なる、
もしくはよい角度を成すときを「買い」と判断。

一方、制限を表す土星が重なる、
もしくは悪い角度を成すときは「売り」となる。

ただし、実際には占星術だけでなく、
売買の判断に必要とされる一般的な指標と組み合わせて総合的に判断していく。

水星の「逆行」時にトレンドが変化しやすい

初心者にも扱いやすい金融占星術の手法として、
天体の逆行から相場全体の動きをとらえるやり方。

太陽と月を除く太陽系内の天体は、
見かけ上の「逆行(通常と逆方向へ動く)」をすることがあり、
金融占星術ではそのときに相場の変化が起きると考える。

例えば、
水星の逆行時にはトレンドが変化しやすく、
テクニカル的な手法が通用しにくいといわれる。

金星の逆行開始時は相場の天井と一致しやすいとされ
火星の逆行時には戦乱やテロなどによる相場変動に注意が必要

このうち、
2016年の残りの期間のうち、
水星の逆行は「8月30日~9月22日」「12月19日~」の期間。

金星の逆行は2016年中には起きません。
火星はこれまでの逆行から、6月30日以降通常の運行へ戻る。

金融占星術における理論によると、
この6月30日の前後13日ほどの期間に大きなサイクルの天井かボトムがやってくるといわれている。
この機関は特に相場を注視してみてもいいでしょう。

太陽は「大衆の予想に沿う」動き
月は「一時的な」動き
水星は「早い」動き
金星は「もうかる」
火星は「暴騰か暴落」を示す


おすすめの記事

♰ お月様のパワー☆彡suu.png

この記事へのコメント

このブログの記事一覧

らくがき
スイスゴールデン☆優良なビジネス☆999.99%の純金で品質は世界最高峰☆
sisg.png




タグクラウド