2種類の働き方☆

労働には、2種類ありますね。

フロー型「一度しかおカネが入らない労働」と
ストック型「何度でもおカネが入る労働」

AD



多くの人は
フロー型だけの労働だと思うんです。フロー型だけだと、万が一何かあったとき貧困に陥る可能性が大きいです。

①会社勤務の労働者。
月給・時給など働いた期間に対して給料が貰えるが、休んだり辞めたりしたら給料は入りません。

②パン屋さん電気屋さんなど起業家。
パンなどモノが売れた時しか収入がありません。

頑張って働いて働いてやっと収入が増えた~♪と思っても、会社が潰れたり病気になったりなど、思わぬ出来事で収入がなくなってしまう事もあります。今は、大企業でも不祥事が発覚する時代です。大企業だから安心…とは言ってられませんね。

そんな時
ストック型の「働かなくてもお金が入ってくる仕組み」を持ってると、とても助かります。継続収入・固定収入・権利収入など。

家賃収入や有料のメルマガ配信をしている人や配当金のある投資家などストック型の収入があると、フロー型の収入が万が一、入ってこなくなってもとても助かります。

4つの財布を持つと良いといいますね。
給与所得・事業所得・不動産所得・配当所得

給与所得と配当所得の組み合わせだと、給与所得だけで一生涯のお金の事を考えなくても良くなるし、働き方も楽になるのでは?肉体と心の余裕も出てくるのでは?と思います。
おすすめの記事

「お金に愛される人」の5つの習慣suu.png
スイスゴールデンとはsuu.png

この記事へのコメント

このブログの記事一覧

らくがき
スイスゴールデン☆優良なビジネス☆999.99%の純金で品質は世界最高峰☆
sisg.png