健康は幸せのもと☆((*∂∀6))ノシ





睡眠はホルモンのバランスを整えるためにも重要です。睡眠中に、筋肉の成長に必要な、テストステロンやIGF-1といった、タンパク同化ホルモンが分泌されます。睡眠不足になるとこうしたホルモンの分泌が抑えられ、筋肉の成長も妨げられてしまいます。

加えて、睡眠を十分にとれば、コルチゾールなど、筋肉を破壊するホルモンのレベルを引き下げることもできます。つまり、睡眠は、筋肉をつけたり、体重を落とそうとしているときに、筋肉量を保つ働きをするのです。


日本人間ドック学会の調査によれば、肝機能異常を抱えている人は年々増加傾向にあり、30年前に比べて約3倍にまで拡大しているという。

飲酒以外にもストレス、睡眠不足、大食いなど、さまざまな生活習慣を続けていることで、気づかないうちに肝臓には大きな負担をかけている場合があるのだ。

肉体改造ではなく食生活そのものの改善が必要。そのために、1つは肝臓に負担がかかる油っこい食べ物、菓子類、肉、卵、小麦粉などは意識的に控え、肝臓を休ませる食事を心がけること。もう1つは肝臓ケアをすることだ。

なかでも肝臓ケアに最適と注目されているのが、スーパーフードとして話題のブロッコリースプラウト。ブロッコリーの新芽であるブロッコリースプラウトに多く含まれているスルフォラファンという成分には、体内の解毒酵素を活性化し、肝臓の解毒力を高める働きなどもあることがわかっている。


【早死にした人の意外な生活習慣】
1位 風呂が好き…51人
2位 8時間以上睡眠をとっている…49人
3位 食べたらすぐ歯磨きをする…35人
4位 赤ら顔…31人
5位 毎朝のジョギングが日課…28人
6位 趣味がゴルフ…24人
7位 不倫している…15人
8位 平熱が低い(36.0℃以下)…13人
9位 SEXレス…11人
10位 独身…7人


「ずさんな生活を続けていると何気ない生活習慣が心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こします。」と警鐘を鳴らす。

①寒い日は血圧が上がりやすく、風呂好きほど高い温度を好む傾向があり、脳卒中のリスク大

②睡眠をとりすぎ「短い睡眠よりも死亡率は高いという統計があり、何らかの病気が潜伏しているために睡眠が長い可能性が

③食後の歯磨きも危険。食後30分以内の歯磨きで、歯の腐食が進みます」

④赤ら顔も、石原結實医師によると早死にのサインだという。「漢方の世界で血行の滞りなどを意味する瘀血(おけつ)の可能性があります。血液中に老廃物などが増え疾病の原因に。脳卒中や心筋梗塞で倒れた人の多くは赤ら顔でした」

⑤⑥適度な運動はもちろん健康にプラス。しかし脳梗塞、心筋梗塞がいちばん多い時間は、朝6時~8時といわれています。早朝の運動にはいつも以上に念入りな水分補給とストレッチなどのウォーミングアップを行うようにしてください

⑦亭主関白など周囲と争う傾向が強くストレスを感じやすい。また、不倫は妻への罪悪感に加え浮気相手を喜ばせるためにS頑張りすぎてしまう。さらに興奮剤などを使用するともなれば、死に急ぐようなもの。

⑧血行不良が原因とされる低体温も危険だ。「体温が1度下がるだけで代謝は約12%もダウンします。肥満のリスクに加え、免疫力が低下するためあらゆる病気に感染するリスクも高まる」

⑨とはいえ、極端に性欲がないのも危険。男性ホルモンが減少していることが原因の可能性もあり、その場合、心臓病や糖尿病のリスクが上昇。

⑩離婚をして独り身になると生活の乱れから体調を崩す危険も」(同)
おすすめの記事

脳や心理的に良い健康法☆記事一覧suu.png
運動は健康に良い☆記事一覧suu.png

この記事へのコメント

このブログの記事一覧

らくがき
スイスゴールデン☆優良なビジネス☆999.99%の純金で品質は世界最高峰☆
sisg.png