WowApp☆良い事をしながら収入を得よう☆新項目が増えたよ♪((*∂∀6))ノシ


3.ロック画面広告の導入
5.良いことをしよう
この2つの項目が増えましたね☆

ゲーム
ゲームを無料で遊び、WowCoinをゲットしよう。
携帯アプリからメニュー>ゲームに進むか、お持ちのコンピューターからアカウントにサインインして、今すぐ遊び始めましょう!遊ぶたびに収入が入るだけでなく、世界貢献もできます。
ゲームによる収益
20% 自己収益
5% 良いことをしよう
20% 世代1
12.5% 世代2
6.25% 世代3
3.12% 世代4
1.56% 世代5
0.78% 世代6
0.39% 世代7
0.39% 世代8


広告表示
チャット、無料通話、ファイル共有などでWowCoinを稼ぎましょう。
WowAppを使用すれば、広告の表示を管理できます。ご覧になった広告は全てWowコインとなり、世界貢献に役立ちます。
広告表示の収益
20% 自己収益
5% 良いことをしよう
20% 世代1
12.5% 世代2
6.25% 世代3
3.12% 世代4
1.56% 世代5
0.78% 世代6
0.39% 世代7
0.39% 世代8


ロック画面広告の導入
携帯電話を開いた時にWowcoinを獲得しましょう。
ロック画面広告をオンに設定すれば、あなたかあなたのネットワークが携帯電話を開くたびに、あなたにWowCoinが付与されます。広告は既存の音楽、セキュリティーパスコード、オーディオブックなどといったアプリと連動しています。バッテリーとデータの消費が最小限になるよう最適化されています。
※ロック画面広告はios機能では利用できませんが、ネットワークでAndroid機能のメンバーが画面広告で収入を得た時、一部を入手することが出来ます。前日にWOWAppを使用していることが受取対象です、
ロック画面広告の収益
50% 自己収益
5% 良いことをしよう
10% 世代1
5% 世代2
2.5% 世代3
1.25% 世代4
0.62% 世代5
0.31% 世代6
0.15% 世代7
0.15% 世代8


Talk
有料通話をかけてWowCoinを獲得しよう。
WowAppを使えば、WowAppを使用していない携帯電話や固定電話に最低料金で通話できます。WowAppで有料通話を掛けるたびにWowコインを獲得し、世界貢献できます。
通話で得た収益
10% 自己収益
2% 良いことをしよう
5% 世代1
2.5% 世代2
1.25% 世代3
0.63% 世代4
0.31% 世代5
0.16% 世代6
0.08% 世代7
0.08% 世代8


良いことをしよう
WowAppは、みなさんが日頃とる行動を通じて、みなさんが世界に貢献できるよう応援するアプリです。
日々の収益の中から一部が自動的にあなたのサポートする慈善団体に譲渡されます。
あなたが特に関心を寄せる慈善団体を最大5箇所選び、WowAppを毎日使用してその団体を支援しましょう。
自動的に寄付された額に加え、収入を全て寄付してもっと世界に貢献することもできます!

↓招待登録はこちら↓
https://www.wowapp.com/w/kiyonkiyon/Kiyon-F

AD




あなたやあなたのネットワークがWowAppを利用するたびに 良いことをしながら収入を得ることができます。

日本には寄付をする習慣があまりないですけど、海外は寄付をする習慣があるんですね。

例えばアメリカでは、金持ちでなくても一般人も気軽に寄付をします。アメリカでは自由業の人だけではなく、所得税を払わなくてはならない人はサラリーマンを含めて全員確定申告をする必要があるために、その時に寄付は控除として申告できるのだそうです。

何に使われるかわからない税金を払うよりは、自分の思い入れがある団体などに払ったほうがいい(子供の通う学校、出身校、教会、動物愛護団体、家族を心筋梗塞で亡くした人は心臓学会など)と思っている人は多いです。税金は前年の1~12月の収入によって決まるので、クリスマスの時期も重なる12月になると寄付依頼の電話やダイレクトメール攻勢が山場を迎え、それと同時に富裕層が寄付するのは当たり前という風潮もあるそうです。寄付はお金に限らず、不要になった物や古着などの寄付も税金控除の対象だそうです。

ボランティアをしたり困った人を助けるというということも日本の社会に比べると気軽に行われていて、ボランティアにかかる交通費など自腹を払えば、それも税金控除だそうです。

チャリティ精神はアメリカ人に染みついて、小さい子供たちがやっている地域のスポーツチーム(サッカーや野球など)は、お金があまりなくても参加できるように会費などは安く抑えて、代わりに親たちが試合の時のスナック売り場で飲み物やスナックを売ってそのお金をチームの運営費に当てたり、公立学校でも学校の設備費の足しにするために、子供たちが近所の知り合いにクッキーやキャンディを売ったりする。こうしたことは、全てボランティアや寄付のカテゴリーです。

寄付を受け取る側でない限り、普通のアメリカ人は大なり小なり寄付はしていると思われます。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10121352560

イギリスでは、個人に対する控除ではなく税金分を余分に寄付できる仕組みになっているそうです。いくらかの金額を慈善活動に寄付するか、あるいは、慈善団体が売却して利益を得られるようなものを寄付するかした場合、その慈善団体からあなたが納税者であることを認める小さな書類にサインをするよう求められ、その書類があると慈善団体はあなたが寄付した金額より余計にお金を得ることができます。これはギフトエイドという税還付の制度だそうです。

あなたには実質的な得はないので、いわゆる税金対策にはなりません。寄付してもしなくても税金は払わなければなりません。しかし、慈善団体は余分な寄付金を受け取ることができ、あなたも何もせずに余分に寄付することができます。国庫はその分の税収を失いますが、慈善団体が社会に還元している行為はおそらく税収によってできることを上回るでしょう。

イギリスでは基本的に持てる者が持たざる者に分け与えるのは当然の義務と考えられているそうです。大きな幸運を手に入れた時(宝くじの大当たりを引き当てた時や思わぬ遺産を手に入れた時など)には、たいがいどの人もけっこうな金額を慈善団体に寄付するそうです。

慈善活動の勧めは徹底していて、小学校のときから慈善のための行動が学校行事の一つになっているそうです。例えば、クロスカントリーを完走したらいくら、と親や近所の大人にスポンサーになってもらい、完走を目指してがんばって寄付金を集めたり、わずかな元手を工夫して何倍かにして(クッキーを作って売ったりなど)それを全額寄付するとかいった、ゲーム感覚でお金を集めて寄付することなどがあります。そうしたことを小さいうちからやっているのも、大人になって(お金持ちになって)社会に還元しようとする動機の裏付けにもなっているかもしれません。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1136707451

貧富の差が大きな国だと、寄付やボランティアなどが盛んで助け合いが大事になってくるんですね。最近の日本も貧富の差がだんだん大きくなっているので、見習わないといけませんね。世の中にはもっと困っている人もいます。
おすすめの記事

WowAppの話し☆の記事一覧suu.png

この記事へのコメント

このブログの記事一覧

らくがき
スイスゴールデン☆優良なビジネス☆999.99%の純金で品質は世界最高峰☆
sisg.png




タグクラウド