「休眠預金法」が成立。貧困対策や若者支援に活用 / お金持ちになる秘訣☆



金融機関の口座で10年以上放置されている「休眠預金」を民間公益活動の財源として利用できるようにする議員立法の法律が、2日の参院本会議で与党などの賛成多数で可決・成立しました

「忘れ去られたお金」のうち、毎年500億~600億円が子どもの貧困対策や若者支援、福祉、地域活性化などに活用されることになるそうです。

公布後1年半以内に全面施行されます。
全面施行から1年経過後に発生した休眠預金が対象となるため、実際に現場で活動する団体にお金が届くのは数年後になる見通しです。預金者は施行後も請求すれば払い戻しを受けることができます

この法律では、銀行口座の休眠預金を預金保険機構に移管した上で、中立的な「指定活用団体」に交付。そこから地域の事情に詳しい財団などの「資金分配団体」を通じて、実際に公益活動をするNPO法人など各種団体に助成や貸し付けを実施。

内閣府は、新たに設置する審議会の答申を受けて休眠預金活用の基本方針を策定し、指定活用団体の業務運営を監督します。休眠預金を活用する団体は公募で選ばれるが、不正利用の防止など使途の透明性確保が課題になりそうです。

休眠口座とは?いつから「休眠」になる?

使われていない口座を、どの時点で休眠扱いにするかは銀行により、また商品により違ってくるという。「口座とひと口に言っても、普通預金口座、定期預金口座、総合口座などがあり、休眠口座の扱いは口座単位で判断する銀行が多いようです」

休眠扱いになる目安は、取引がなくなってから、5年または10年。理由は、預金者は銀行に対して債権(預金を返してもらう権利)をもっているが、法律では、銀行は5年間、信用金庫などの協同組合は10年間、権利を行使しないと時効が成立し、権利が消滅すると定められているからだという。

全国銀行協会では自主ルールとして、10年、20年経過した預金であっても払戻しに応じるとしている。つまり、多くの銀行で、いったん休眠(睡眠)扱いになった預金でも、引き出すことができる。なお、民営化前の郵便貯金と、独自のルールがあるりそな銀行は例外なので確認したい。

休眠(睡眠)口座を解約するには?

解約に必要なのは、登録の印鑑、通帳、本人確認書類。引っ越しで住所が変わった、結婚で姓が変わった人は、銀行によっては証明する公的な書類が必要な場合もあるという。

印鑑や通帳を失くした場合は、口座番号や支店名などから調べてもらい、本人の預金であることが確認できれば、対応してもらえる銀行もある。手続きは、銀行の支店窓口で行う。

口座のある銀行の最寄りの支店へ

以前は、銀行口座を解約するには、口座のある支店に出向く必要があったが、どの支店でも対応している銀行が増えているという。最寄りの支店に行って、解約や引出を申し出れば対応してもらえる。

また、転勤などにより、住所が変わり、解約したい銀行の支店が近くにない場合は、現在、口座を持って利用している銀行から取り立ててもらうことも可能だと坂本氏は説明する。ただし、この方法では書類を郵送するための書留料金など実費を支払う必要があるという。  

なお、いったん休眠口座の扱いになっていても、引きだしの際には、休眠口座にならなかったとして金利が計算され、利子がつくケースがほとんどだそうだ。

引っ越ししたら必ず住所変更を
休眠口座になることを防ぐための注意点を3つ挙げている。

・使わなくなった口座は速やかに解約する
・引っ越しをしたら必ず住所変更届を出す
・銀行口座は使いこなせる数に絞り込む

「毎日せっせと節約をする一方で、うっかり忘れて休眠口座にしてしまい、自分のお金を失くしたら、残念ですね。忘れている口座がないか、一度、確認してみましょう」

AD




「お金持ちになる秘訣」

「今、たくさんお金を持っている人、いわゆるお金持ちの人は、宇宙に向かって投げかけたサービスの総量が膨大だ。とくに若いときに、宇宙に向かってものすごいサービスを、膨大に投げかけている」

宇宙には、「今までに投げかけたサービスの総量が、報酬(お金)となって戻ってくる」という「法則」があるみたいです。

収入がなくてもいいから、自分が楽しくて、おもしろくて、幸せだと思えることや、食事をしたりトイレに行く時間も惜しいほど「やっていたい」と思えるものを見つけたら、それを一所懸命にやる。

そうすると、宇宙に向けて投げかけるものが膨大になります。

給料の何倍も働いている人は、投げかけたサービスが膨大な「宇宙預金」となって積み立てられていて、この膨大な預金が、やがて、報酬となって自分に降り注いでくるようなのです。

例えばこの方は、今までに数万人の人相・手相を観たのですが、その3分の2の人から、「人生相談」を受けてきました。それも、報酬をいただいていません。

自分で宿泊費を払って、そこに泊まって、相談を受けていました。

毎日、朝の5時、6時まで人相・手相を観て、1日に、3~4時間しか睡眠をとっていませんでした。ですが、「不平不満・愚痴・泣き言・悪口・文句」を言ったことはありません。

よく考えてみたら、私は、過去に、ずっとこのような生活をしていました。ものすごくハードな日々を送り続けてきた気がします。その投げかけたサービスの総量は、膨大なものだったはずです。

私がお金に困らなくなったのは、今、その結果を「お金」としていただいているからかもしれません。大切なのは、「自分が投げかけたものに対して、お返しは求めない」ということです。投げかけた総量について、「これだけのものを投げかけたのだから、これだけのものを返してくれ」と言うと、返ってきません。

ただ、ひたすら投げかけるだけに徹したほうがいいみたいです。この「法則」がわかったら、今日からお金持ちになることができるかもしれません。とにかく、ひたすら「投げかけること」をおすすめいたします。

とても良いお話ですね
(人´∀`).☆.。.:*・゚

この記事へのコメント

このブログの記事一覧

らくがき
スイスゴールデン☆優良なビジネス☆999.99%の純金で品質は世界最高峰☆
sisg.png