学校では教えてくれない、本当の明治維新のお話し☆



明治維新といえば、江戸幕府の悪政に耐えかねた勇士が戦いを挑んで立ち上げた近代国家の幕開けってイメージだけど、それは教科書の中だけの話。

実際、幕末の勇士に金とチャンスを与えて動かしていたのは戦争屋のロスチャイルドファミリーで、その背後には世界制覇をたくらむ大英帝国や大規模洗脳網を張りめぐらしていたバチカンも控える代軍勢を率いていた。

明治以降は彼らが実権を握り、その植民地化政策として英国王室と並んだ君主国家設立のため、天皇を頂点とした植民地国日本がこの時期にスタートした。

一貴族に過ぎなかった孝明天皇は暗殺され、長州藩(現山口県)から選んだ男人形にすげ替えられた。天皇に関する緘口令がしかれ、だれも言わず・聞かず・話さずが戦後まで続く。

明治以降、この植民地日本は極東地域からも戦争の火を焚きつける役目を担わされ、金を貸し付けられては10年ごとに戦火を広める馬車馬に変わり果てていったのである。







▼動画、鬼塚英昭の日本の真相が見えなくなっています!!hんの少し文字起こししたものを見て下さい<(_ _)>
◆替え玉・明治天皇から始まっていた皇室・政治家・癒着
◆【田布施一味・朝鮮人】に日本国家を乗っ取られた
◆安倍晋三 売国の血脈と真実。CIAスパイの岸信介、佐藤栄作、安倍晋三は、この田布施一味の末裔。 小泉前首相の父・純也は、鹿児島の田布施出身
◆マスメディア洗脳率70%の日本人


日本国内では1%側に金が流れ、99%側の国民は金が減って行く。色んな場面ですべてこの流れ。99%側の国民はこの20年で殆どが貧乏になった!

AD


この記事へのコメント

このブログの記事一覧

らくがき

↓お小遣い^^