初詣や神前結婚式や見合い結婚や天皇現人神は日本の伝統?実は真っ赤なウソ!明治維新以降に作られたものだった!



初詣は伝統?
神前結婚式は伝統?
見合い結婚は伝統?
天皇現人神は伝統?

いいえ、み~~~んな明治以降のお話です。

いまのような初詣が始まったのは、ようやく明治も中期からですし、神前結婚も明治30年代以降のことですし、見合い結婚は、明治政府が恋愛を邪なものとして明治中期から「見合い結婚」を強力に推進したもの。それまでの長~~~い日本の伝統は、ずっと恋愛結婚(男女の結び付きの自由)でした。

もちろん、天皇現人神などという思想は江戸の後期国学や水戸学の思想で、一部の特殊な人のものでしかなく、ぜんぜん伝統などではありません

靖国神社は政府がつくった施設で神社ですらありません(明治2年に明治政府がつくった「東京招魂社」を10年後に神社と改名)。
古来の神社ではなく、明治政府のつくった新興宗教=政府神道の施設なのです
みな、明治維新を成し遂げた志士たちが、自らの権力を正当化する必要から拵えた代物でしかないのです


こういう類の話は、歴史家に聞けば山のようにあり大論文になってしまいますが、肝心なことは、安倍首相の一派や日本会議にあつまる人々の言う日本の伝統なる話は、元からデタラメで、みな明治維新政府の作成でしかない、という歴然たる事実を明晰に自覚することです

ついでに言えば、大安とか仏滅などとカレンダーに書いてあるのは、カレンダーの制作者=販売者がどうしたら売れるかを考えてつくり出した代物で(これは明治ではなく戦後のことですが)無根拠です。満点大笑いの話(=バカげた迷信)でしかないのですが、お菓子会社の「バレンタインデー」創造と同じです

考えることなく従う、というのは、これまた明治維新以後の日本人の特徴ですが、われわれ日本人も、そろそろ自分で考える=根拠を知るという脳作業を始めたいもの、と思います





AD


この記事へのコメント

このブログの記事一覧

らくがき

↓お小遣い^^