日本人は世界最古の人類であり古代イスラエル10支族٩(*∂∀6)۶


最もネアンデルタールに近いのは日本人? 免疫システムに残る人類の歴史

ヒトが絶滅させたと考えられている、ネアンデルタール人と人間が交配していたことと第3の人類デニソワ人の発見。この3種は50万年前に共通祖先から分かれたと考えられ、ネアンデルタール人はヒトより数十万年前にアフリカを出て主にヨーロッパに広がった。ネアンデルタール人をヒトが滅ぼして、人類の中でヒトだけが今の繁栄を築いた

実はこのネアンデルタール人由来の遺伝子を最も多く持つのが日本人。 どの集団よりも高く、約51%が持っていた。ネアンデルタール人は現生人類のクロマニョン人よりも脳容量が大きく賢かったらしい

http://sharetube.jp/article/1507/

* * * * * * *

日本最大のミステリーは日本人そのものである。アフリカで誕生した人類が安住の地を求めて世界中を旅した。これが世界初の旅、グレートジャーニー☆

母系遺伝をするミトコンドリアDNAから、日本人は聖書による3大祖先 ハム、セム、ヤペテ のうちの、セム系直系に相当すると考えられる。
※旧約聖書にあるノアの方舟。このノアの3人の息子セム、ハム、ヤペテは、 大洪水の後のすべての民族の先祖といわれている。世界のすべての民族は、ノアの3人の息子セム、ハム、ヤペテから分かれ出た

セムから出た諸民族について詳しく調べてみると、セム系民族はおもに中近東の地域に移り住んだ。日本人はその中東からそのまま固まって団体で日本へやってきた証拠となるわけだ。このミトコンドリアDNA、いわゆる母方遺伝子からみてもかなり古い段階で中近東から日本へ集団で民族が移動してきて日本に移り住んだことがわかる

Y染色体のDNAは父系遺伝する。これは男系子孫にのみ伝わっていくため歴史的な調査に用いられ、人種のルーツの祖先を正確に辿っていくことができる

日本人は、中国や韓国とはDNAの中身が若干違うことがわかっている。世界では珍しい、古代血統とされる、Y染色体D系統が日本人に多いからだ。同じD系統であっても、チベットや東南アジアがD1とD3系統であるのに対して、日本人のd系統はほぼ100%がD2系統

同じD系統だから近縁であることは間違いないが、D2系統は世界の中で日本人にしか存在しない固有の系統。さらに大きな意味な持つのが、日本の近隣諸国にはY染色体D系統が存在しないこと、そして現代の日本人にも、相当に高い頻度で残っていること。特にアイヌ人には9割近くも集積している。(本土の山間部にもやや多い。)ということは縄文人の特徴ということだ。(沖縄本島には多いが、八重山諸島にはいない)

このD2系統には、特徴的な変異「YAP」(ヤップ)とよばれる挿入部分(300塩基)をもちこれは D、E系統のみに含まれ他には存在しない

E系統を持つのは、イスラエル、いわゆるユダヤの民。調査結果からイスラエルの失われた12部族のうちの、エフライムとマナセだけがYAPなどの挿入部をもつD系統である。他はE系統。

日本人のみ(他のアジア人にはみられない)持っているタイプの系統は、古代イスラエル、古代ユダヤのものと同じなわけだ。ということは、やはり、はるか西のほうからシルクロードを通って、そのまま日本まで父系を保ちつつ独自に移動してきたと考えられる。やはり、イスラエルの失われた十支族の末裔が日本人である可能性が高い。古代イスラエルから、日本へ、3度に渡ってたどり着いたといえるかもしれないのだ。

・一度目
日本人のルーツとなる縄文人が日本に定着。彼らは中近東から比較的早い段階で来たと思われる。人類のグレートジャーニーの動き、人種が別れたばかりのセム系直系の遺伝子的に色濃い人々が日本を目指して移動したことがわかる

・二度目
北イスラエルのいわゆる失われた十支族が日本へ。きっと、古代の自分達の祖先が日本へ渡ったことの伝承をたどって日本まで来たのだろう。シルクロード各地にそのような伝説が残っていることからもその可能性は高い。このY染色体DNAから、失われたイスラエル十支族が日本人である確証となる。それに文化的にも、古代イスラエルで信仰されてた古代ユダヤ教は神道そっくりである

・三度目
キリストの教えを直接受けた原始キリスト教徒であるネストリウス派キリスト教徒、いわゆる景教徒である秦氏が日本にやってきた。これは歴史的な事実から確証があり、判断できる。キリストの時代はエルサレムには南イスラエルの人々、いわゆる南イスラエル2支族、すなわちユダヤ人しか住んでいない。原始キリスト教徒であるネストリウス派キリスト教徒のユダヤ人である秦氏は、中国の西にあった弓月の国を建国ししばらく留まり、その後、日本に来ているのは歴史的に正しいわけだ。きっと、日本に来た目的は、失われた十支族を追ってのことだろう。そして彼らは、この日本で出会った。失われた兄弟達と再会したのだ

10支族がやってきて、後から2支族が来たことでイスラエルの12支族すべてがこの日本に来ていたということになるのだ。アフリカをあとにして広がった人類は大きく3つのグループに分かれたが、日本列島にはその3つのグループのすべてが集まっていて、これは全世界的に見て他に類の無い特徴である

D系統は、本土で40%、沖縄で56%、北海道アイヌで88%。つまり縄文系の血を濃く残すと言われるアイヌ人の実に9割がユダヤ人と近縁のD系統で、渡来人の遺伝子的影響を受けやすい本土人では4割しかユダヤ人と近縁の遺伝子がいないことになる

古代イスラエル人の渡来は、どんなに早くとも紀元前8世紀以降。(北イスラエル王国の滅亡が紀元前722年だから)大陸から、中国・韓国系の大量にO系統の人間が移動してきた弥生時代と近接している。(日本人の半分はD系統で、残り半分がO系統)

日本人の遺伝子は「縄文人」の遺伝子だろうということになる。それに対して他のアジア系が「弥生人」遺伝子と共通ということになる

http://sharetube.jp/article/1789/

* * * * * * *

日本こそ古代フリーメイソンの国☆

フリーメイソンを時代で分けると「古代フリーメイソン」と「近代フリーメイソン」に分かれ、最近になって噂されているフリーメイソンは近代フリーメイソン。近代フリーメイソンは英国のロンドンが発祥で1717年6月24日に結成。日本にもフリーメイソンのロッジが二十数ケ所ある

「目」も「手」と同じようなもので、右目は「神の目」左目は「悪の目」とされている

「近代フリーメイソン」(イルミナティ)のシンボルとも言われる「ピラミッド・アイ」を「プロビデンスの目」とも言い、実はこれは「左目」だから「悪の目」。そして左手は「不浄の手」と言われていて、排泄行為の後は左手で処理される。イルミナティそのものが悪の組織だから当然かもしれません。

「古代フリーメイソン」
古代イスラエルの指導者モーセは、アークの三角の隙間から神と向き合ってます。そこから「神の右目」が覗いたことから、浮揚する「ピラミッド・アイ」が作られたのです。それがフリーメーソンの象徴となったわけです。「プロビデンスの目」が、古代日本と非常に関係が深い。「古事記・日本書紀」に書いてある。

日本は、自分たちがフリーメイソンであることを大々的に宣言している。それは「日の丸=コンパスと直角定規」。古代日本での最高位のフリーメーソン(神)とはいったい誰だったのか?その人物が「イエス・キリスト」。イエスキリストの職業が「大工」で、フリーメーソンの意味は「自由な石工(大工)」と言う意味。

「日本」という国名も「イエスキリスト」を表す。「日」は太陽であり天照大神を表し、「本」を漢字を分解すと「十」と「人」「一」に分かれる。「十」は「十字架」を表し、「人」は神に対し頭を垂れている人間を表している。「本」という字が「大」と「十」に分かれていて、「十」は十字架「大」は「一人」。「本」という字は、1人の人間が十字架に掛った神に対して、頭を垂れる姿からきている

日本の国名の意味は「天照大神が十字架に磔(はりつけ)になっている」ことを示唆し、十字架に磔(はりつけ)られているのはイエスキリスト。「イエス・キリスト=天照大神」ということ。

イエスキリスは男神で天照大神は女神であるため、一見別の神だと思われがちだが、鏡像反転で左右を逆に見よと示唆を与え、鏡の左右反転で、左=西→陰、右=東→陽となり、女神→男神にせよ・・との暗示となっている。そしてイエスキリストはアジア人である

http://sekainoura.net/category/%e7%89%b9%e5%88%a5%e7%b7%a8/%e5%8f%a4%e4%bb%a3%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%82%bd%e3%83%b3

* * * * * * *

日本の国家「君が代」は、日本語でもヘブライ語(イスラエルのセム語派)でも読めて両方で深い神の経綸計画がつかめるようにされているのです

nihon.png

イスラエル国歌 日本語訳
心の底から切望していた。
ユダヤ(勇拿矢=神の子)の魂はずっと求めてきた。
そして歩き出した東の果て(日本)へ、
その目はただ、シオン(旨緒運=師恩)の地を見続けた。
希望は未だ尽きない、二千年続いたその希望
自由のある私たちの国、
シオン(四音)とエルサレム(選る咲く礼謀)のある自由のある私達の国、
それはシオンとエルサレムの国

君が代 ヘブライ語訳
立ち上がれ! ユダヤ神を讃えよ!
ユダヤ神の選民であるシオンの民よ。
喜べ! (神の国を相続する)残された民よ!
人類に救いが訪れ、神の預言は成就した。
全地にあまねく宣べ(48音=あいお―んの光る雲=ノアの箱舟)伝えよ。

ヨハネを礼拝するイエス
ユダヤ神の選民であるシオンの民(日本人)よ。
喜べ! (神の国を相続する)残された民よ!
日本人(日本語の打邪礼を知る者)は世界で最後に残された救いの切り札(選民)がである。

「あいおーんの光る雲の中で天使サクラ(ス)が人間を考案して作ったのである。これが宇宙の秘密である」とイエスは処刑の三日前にユダに打ち明けた。2006年6月発見発表

「ノアの箱舟とは、世界が闇に包まれた時に光る雲のある場所のことである」「ノアばかりでなく世界の民族のなかの義人たちもこの雲の中に隠れて難そ逃れたのである」(ナグハマデヴィ文書)、

日本人が真理に目覚めて世界を導かなければ、世界は冬将軍(火の洗礼)に全滅するのであると定められているのです。1万2000年前のムー大陸の沈没は、文明が無烏(ムー=神抜きで十理に盲目で魂を枯らす=大洪水=火との水氣、寝の怠けに溺れる)であったからです

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n297982

ユダヤの「ZION祭り」は、京都の「祇園(GION)祭り」と同じく7月17日に行なわれる。ちなみに7月17日は『旧約聖書』で「ノアの大洪水」が終わった日
http://xanadu.xyz/post-623/

「日本は地球のへそのようなもの。宇宙からのエネルギーを一番ストレートに受ける特別な聖地なのです。実はイエスも、ブッダも、モーゼも、マホメットも日本に来た事があるのです。瞑想により日本に霊魂として訪れて、この地に住む神霊と交わり、多くのことを学び悟ったのです」
http://tankyu.hatenablog.com/entry/20090329/israel
tizu.png

* * * * * * *

偽ユダヤ人が失われた10氏族(本物)を滅ぼす計画

本物のユダヤ人は、東に逃れた。これは歴史的にほぼ正しい史実であろう。そして、最終到達点は、東の島々であった。日本にたどり着き、秦氏の末裔は全国に散らばっている。それが隠されたユダヤ人であるとの信憑性は高い。イエスが日本に来ていたとする話になると、飛んでしまうのでこれも割愛するが、少なくとも失われたアークが日本に存在するというのは、本当のようである。

それが、剣山にあるのか、いや、今は移されて、兵庫県のある場所にあるのか、真偽は定かではないが、これを偽ユダヤ人が、必死に捜索しているのは事実である。その内明らかになるであろう。

空海は、その事実を知っていた。そして、結界を張る意味をもって、四国八十八カ所を設けた。そして、かごめの歌が示すように『夜明けの晩に、鶴と亀とが統べる』様である。まさに、今は夜明けの晩である。そして、鶴と亀の場所も昨今特定されそうである。

(中略)
日本人はチベット族とウィグル族の味方になって彼らを救わなくてはいけないということである。なぜか? それは、我々も彼らも共に古代イスラエル10支族の子孫の共通のハプロタイプの遺伝子を持っている稀な民族だからである。

近年になり、現代イスラエルのユダヤ人(この人達の大半は古代ハザール系のアシュケーナージ・ユダヤ人=偽ユダヤ人=Fault jewsである )の「アミシャブ」という組織が頻繁に日本に訪れるようになってきた。

そして、日本の大和民族が「古代イスラエル失われた10支族」の一部であったことは疑いようもなくなってきたのである。中でも、エフライム族、ガド族(=帝(ミカド)=天皇家になった族)、マナセ族の3族がやってきたと考えられるようになった。

(中略)
「古代イスラエルの失われた10支族」の居住地を見ていくと、面白いことに気づくはずである。クリミア半島、イスラエル、エチオピア、アフガニスタン、インド東部、支那西部ウィグル地方、支那四川省、ミャンマー(ビルマ)、朝鮮半島、そして、日本。第一次世界大戦のクリミア半島、ブッシュのアフガン戦争、エチオピア内戦、朝鮮戦争、インド東部のインドーバングラディッシュ紛争、日本の大東亜戦争などなど。すべて世界の激戦地となった場所・いま紛争地になっている場所である。はたしてこれは何を意味するだろうか?

というわけで、我々古代イスラエルの失われた10支族の末裔は、世界中で虐殺されてきているというわけである。

(中略)
おそらく「居残った2支族」は「一神教」、「失われた10支族」は「多神教」を基本にするというかなり根本的思想が異なったのだろう。「多神教」と言っても日本の場合は「八百万(やおろず)の神」である。数〜数十の神ではない。これは無限という意味である。

この世界に無限にどこにでも神がいるという思想と、たった1つしか神はいないという思想とではうまく理解し合えるはずがない。にもかかわらず、現代イスラエルのアミシャブは日本にやってきた。なぜ?たぶん、日本を乗っ取るためか、日本を滅ぼすために来たのでしょう。アミシャブは一神教のユダヤ人。日本人は八百万の神の古代イスラエル人。うまくいくはずはない。

そんなわけで、我々日本人は我々と非常に遺伝的に近い古代イスラエルの失われた10支族である可能性の高い、チベット族、ウィグル族は支那中国共産党政権の餌食にさせてはならないのではなかろうか?

ちなみに、支那共産党を作り出したものも大英帝国、すなわち、偽ユダヤ人のバビロニア人なんですナ。韓国人を作り出したのもそうだ。反日国家というのは、全部偽ユダヤ人こと古代バビロニア人の子孫であるアングロ・サクソン人が裏から指揮しているというわけでしょう

☆古代イスラエル10支族は日本から出発して、世界に文明を築き上げながらその地に住みたい者は残り、また旅を続けながら最後は日本へ帰還したと思っています。世界各地に古代北イスラエル10支族の子孫がいるのはその名残りだと思います。日本を含めて迫害を受けてきた民族は失われた古代イスラエル10支族の子孫のような気がします

http://blog2.tumuzikaze.net/index.php?QBlog-20131108-1

* * * * * * *

日本って政治の話しや日本・世界の情勢や歴史の話しなど真実を話すことがタブーなところがあるから、一般の人なんて知らない事がたくさんあると思うの。こーゆーのを騙されていると言うんだと思うのですが…

そして面白い笑える事や楽しい事や幸せに感じる事だけに逃げている。それも大切な事だけど、人間として真に生きるのに本当に大事な事には目を向けていない。楽しい事だけに逃げていても何も変わらない!逃げないで強い心で疑いの目を持って真実を見つけなければいけない!そして勇気を持って正さなければいけないと思うの




おすすめの記事

日本人が知らない、本当の江戸時代☆suu.png
明治維新でロスチャイルドと朝鮮人が日本を乗っ取った!suu.png
日本の大切な伝統は明治時代に変えられた!suu.png
ロスチャイルドは世界中を支配し壊してる。この悪を排除するには中央銀行を国有化し富を取り戻す!
万が一の為の準備は必要だsuu.png

AD


この記事へのコメント

このブログの記事一覧

らくがき

↓お小遣い^^