【日本人失格】私も日本人失格の部類です(笑)日本社会に息苦しさを感じるしね(^^ゞ






タレント、ロンドンブーツ1号2号の田村淳が今の自分と日本について、思っていることを率直に語った初の新書。テレビ番組 制作の現場で感じていること、子供時代のエピソード、今のネットや日本社会に感じる息苦しさ、若い人たちへのメッセージなどこれまで見たことのない田村淳の意外な一面がかいま見える一冊

ツイッターで意見を言ったら大炎上、一般人からのクレームにメディアや企業は振り回され、人と違うことをすると嫉妬され足を引っぱられる…最近の日本はとかく息苦しい。なぜ他人を叩き無難を好みみんなと同じになりたがるのか?そんな空気に抗うように、タレント「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳は好きなことをやり続け、テレビ以外の分野にも活動の幅を広げている。なぜそんな生き方ができるのか?芸能界の“異端児”が著す初の自分史、日本人論、そして若い人たちへのメッセージ

(目次)
第1章 芸能界は息苦しい
第2章 サラリーマンも窮屈だ
第3章 田村淳はどのようにして誕生したか
第4章 『一隅を照らす』生き方
第5章 なぜみんなに認められたいの?
第6章 思考停止と依存体質を脱するために

(主な内容)
●僕はそもそも自分のことを芸人だと思ってない
●シャブ芸能人としゃぶしゃぶ食いながらシャブ談義する
●成功例のマネばかりするから企業も人もダメになる
●好きなことをやり続ければそのうち才能になる
●「東京では友達は作らない」覚悟で上京してきた
●売れない頃は7股もヒモ生活も経験した
●揺るぎなき理解者がいてくれると人生は心強い
●日本は年寄りが若い世代から金も機会も奪う国
●怒りに時間を使うのはもったいない
●「楽しそうに死んでいきやがった」と思われたい
●これから必要なのは学歴あるヤツより気が利くヤツ
●自分を追い詰めすぎないために自分に適度にウソをつこう
●『アリとキリギリス』のアリのような生き方は好きじゃない
●日本人は勤勉じゃない。臆病で怠け者だと思う
●「思考停止」と「依存体質」だから人と同じことをしたがる
●今こそ同調をハネのけ、バラバラの個になろう


2017/2/17発売
日本人失格(集英社新書)
著者:田村 淳


日本人失格・田村淳(Amazon)
日本人失格・田村淳(楽天)
ベストセラー1位

* * *

何が嬉しいって、タレントさんで世の中を自分の言葉で感じたままを語ってくれる人は少ないので、現れると嬉しいですね♪

AD


この記事へのコメント

このブログの記事一覧

らくがき
スイスゴールデン☆優良なビジネス☆999.99%の純金で品質は世界最高峰☆
sisg.png