X JAPAN・YOSHIKIが語る起業家とアーティストの共通点☆



人気絶頂から海外進出、不和、解散、そしてメンバーの死。数々の挫折と失敗、絶望を乗り越えてきたバンド「X JAPAN」のリーダーで日本を代表するミュージシャンのYOSHIKI氏は、楽天の三木谷浩史氏を始めとするエグゼクティブや起業家たちとも親交が深く、自身も電気自動車の開発会社に出資するなど、個人投資家としての顔も持つ

YOSHIKI氏のような「一流のアーティスト」と「一流のビジネスパーソン」の間には、どんな共通点があるのか。制作拠点のアメリカから一時帰国中のYOSHIKI氏にインタビューし、そのヒントを探る

父の死、そしてメンバーの死をどう乗り越えたか

──現在公開中のドキュメンタリー映画『WE ARE X』では、決して順風満帆とは言えなかったX JAPANのこれまでが描かれていました。トラブルや失敗を経験してもYOSHIKIさんが走り続けることができたのはなぜですか?

YOSHIKI:いつも死が身近にあったからだと思います。映画でも触れられていますが、僕は父親を早くに亡くしています。その亡くなり方が自殺だったこともあり「人はなんで生きているんだろう」ということをいつも考えて生きてきたんです。生きているからには何らかの使命を持っているのだろう。であれば死ぬまでにその使命を達成するべきじゃないか、と。何かに「生かされている」という感覚に近いかもしれません

──映画冒頭の「でも僕が死を迎える時 僕は少なくとも一生懸命やった できることはみんなやった って言えると思う」というYOSHIKIさんの言葉が印象的でした。「生かされている」というのは、どんなときに実感するのですか?

YOSHIKI:例えば、X JAPANのボーカルであり幼馴染でもあるTOSHI(のちに表記をToshlに変更)が脱退して、バンドが一度解散することになり、再結成をしようとしていたタイミングでギターのHIDEが死んでしまったとき。僕は相当落ち込んで自殺願望が強くなってしまって精神科医のところに通っていたんです。「もう音楽を止めよう」とすら思っていました。音楽をしていること自体が悲しい思い出を呼び起こしてしまうので

そんなときにオファーをいただいたのが『天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典』の奉祝曲の制作でした。天皇皇后両陛下の御前で演奏をするために、ひさしぶりに表舞台に立つことになったんですね。もちろんそれは天皇陛下、日本のための曲なのですが、自分自身の10年を振り返るきっかけにもなって。曲ができた時に「やはり僕は音楽でしか生きられない」と思えたんです

演奏を終えて大きな拍手や歓声をいただいたときに、ずっと無条件で応援してくれていたファンの方々のありがたみも実感しました。本来僕は「自分で生きている」と思っていたタイプだったのですが、このときは本当に「生かされている」と思いましたね


世界的な評価は「25年間挑戦し続けた」から

──過去にも挑戦した海外進出ですが、現在、X JAPANは世界的な評価も高まっています。YOSHIKIさんは「失敗」をどのように捉えていますか?

YOSHIKI:「失敗」というのはその言葉を口にしたときに「失敗」になると思うんです。もし永遠に挑戦し続けたら、絶対に失敗しないじゃないですか。だから僕は「いつまで」という期限をあえて設定しなかった

ミュージシャンが海外進出に挑戦しても、大体2〜3年で戻ってきますよね。でも僕は何十年もやれば負け続けるとは思えなかった。そうして気づいたら時代がどんどん変わっていて、いつの間にか世界にX JAPANを受け入れてくれる土壌ができていた。「“X”には“無限の可能性”という意味がある」と僕はよく言いますが、本当に不可能なことはないんだと感じます

僕は父親とメンバーを失っています。それはどう前向きに捉えようとしても肯定はできないことなんです。取り返しがつかないことを経験してしまった。それに比べれば他のことは失敗でもなんでもないと思っています。例えば「アルバムが思ったより売れなかった」としても、それで死ぬわけじゃないので。「じゃあ次どうすればいいんだっけ」と考えればいい

それに全てが成功してしまったらつまらない人生だと思うんです。仮に人生がモノポリーのようなものだとして、一度も悪いマスに止まらずにゴールしてしまったらつまらない。「何を以て素晴らしい人生と言えるのか」と僕はずっと考え続けているのですが、成功だけが素晴らしい人生だとはどうしても思えないんです。人生を全うする上では、挫折や失敗が必要なのではないでしょうか

重要なのは「挫折」でも「失敗」でもあるいは「成功」でもその瞬間を全力で生きることです。諦めることで一生悔いが残る人生を送るくらいだったら、その場で老いさらばえてしまった方がいい。「明日のことを思うがために今のこの瞬間を犠牲にする」ということはしたくないので。死が近くにあったことによって人生観が多少変わったのかなとも思います。僕は死というものすごくネガティブなエネルギーを、なんとかポジティブに変えてここまできたんです


──「今ここ」にフォーカスするというのは「禅」の思想とも通じ、シリコンバレーの企業などでも人気の考え方ですよね。また京セラ創業者の稲盛和夫氏も「生きていることに感謝する」と言っています。一流のアーティストとビジネスパーソンには共通するところもあるのではと思うのですが、いかがですか?

YOSHIKI:やはり成功者は「無謀」ですよね。安定した道を選ばずどこかで無謀な判断をしているところだと思います。今回のドキュメンタリー映画『WE ARE X』にも登場するセールスフォース・ドットコム最高責任者のマーク・ベニオフは親友の1人ですが、彼もオラクルの幹部でエリート路線にいたのに「これからはクラウドだ」ということで、ある意味ではラリー・エリソンに反旗を翻すような形で起業している

彼とは頻繁に会うのですが常に次のことを考えています。卓越したビジネスセンスと無謀さを兼ね備えながらチャリティーにも積極的で。とても影響されています


──YOSHIKIさんは「安定したい」と思ったことはありますか?

YOSHIKI:もちろんあります。でもそういう道をどうしても選べなくて。だから「誰が僕の人生の脚本をこんな風に書いたんだろう」と辛くなることもあります

でも、安定の基盤になるのがお金だとしたら、基本的にお金というのは人と人のコミュニケーションの手段として生まれたものであるはずですよね。それに僕らが支配されちゃうのは違うんじゃないかと思っているんです。媒介するだけのものにどうして執着する必要があるんだろうと。僕たちの目標は多分、違うところにあるんですよ

──それが自分の「使命」になるわけですね

YOSHIKI:はい、それが何か、まだ明確な答えは出ていないのですが

今は「弱みをさらけ出すこと」ができたのが強み

──最近はテクノロジーの進化により「AIが作曲」なんてニュースが話題になることもあります。テクノロジーと人間はどのような関係を築くべきだと考えますか?

YOSHIKI:起業家のイーロン・マスク氏などは「AIを恐れている」と公言していますよね。音楽というのは基本的に音の並べ替えなので、すべて計算できるんです。だからヒット曲のパターンを全部AIに学習させれば新しいヒット曲が簡単に作れてしまう。だから僕はよく「絶対にAIにできないこととは何か」と考えます

それはきっと「無謀なことができる」ことではないでしょうか。「普通はこっちに行かないだろう」という方に思いきり振ることができるところ。あるいは、人間のだらしなさみたいなところもそうですね。今後はそれが、逆に人間の強みになるのではないかと思うわけです


──YOSHIKIさんご自身の強みはどこにあると思いますか?

YOSHIKI:「弱みをさらけ出すこと」ができたのが強みかなと。人というのは不安であればあるほど着飾りますよね。今回ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手腕により、僕はある意味で丸裸にされてしまったと思うんですね。それができたのは自分で言うのは変ですけど、すごいことです。

だって僕たちはビジュアル系なので、いかに着飾り隙を見せずにイメージを作るか、ということをやってきたのに。でも逆に言うと、自信がなければ出せなかったと思うんですよ。今さまざまな経験をして、ありのままの自分を見せることができるようになったことは自分でもうれしいです


──成功者は常に結果を出し続けることを期待されます。そのプレッシャーはどのように乗り越えてきましたか?

YOSHIKI:壁を壊そうとするとき人間は思わぬパワーを発揮できます。X JAPANがデビューしたときも当時は「4畳半ロック」というのが流行っていてロックミュージシャンはお金を持っていたらいけないという風潮がありました。テレビ出演なんてもってのほか。だから僕たちはバラエティー番組にも出演して25歳のときにはロールスロイスを買って乗り回しました。

そもそも僕たちがロックの中にあったいろいろな決まりの逆へ逆へと向かって、既成概念を取り払っていった結果、生まれたのが「ビジュアル系」というジャンルだった。派手な格好をすることではなく「自由に表現をする」ということが目的なんです。だから今の「ありのままの自分」もビジュアル系の到達点でもある。このように常に壁があってその壁を倒そうと思うといつでもその時点で最強であり続けなきゃいけない。だからやはり諦めず、安定を求めず、挑戦し続けることだと思います


* * *

YOSHIKI「新たな生き物になっちゃいました」
https://www.barks.jp/news/?id=1000139144

──今日は映画『We Are X』の完成披露ジャパンプレミアが実施されましたが、そんな日もレコーディングを並行しているんですね

YOSHIKI:アメリカで作業していたんですけど、ちょうどミックスエンジニアに音を渡して飛行機に乗ってきたところです。今日はこれからまたスタジオに行って続きをやります

──「La Venus」はニューアルバムに収録されるバージョンですよね?いよいよ完成目前ということで

YOSHIKI:佳境ですね。ウェンブリーが終わったら多分次はアルバムでしょうね

──ウェンブリー・アリーナはどのような態勢で臨みますか?1年前にキャンセルとなったリベンジ公演となるわけですが

YOSHIKI:何か特別なことをやるというよりも“今までやってきて、今ここにいるX JAPANを見せつける”ということだと思います。違う点といえば新曲をさらに増やすということですかね

──海外でのライブって国内のライブとどう違いますか?

YOSHIKI:MCが英語になるくらい(笑)。演る側としては特に変わらないですよ。ただオーディエンス側は多少違いがあるかもしれませんよね。「このバンドって一体どういうバンドなんだろう」と思って見ている人も多いですから。特に<YOSHIKI CLASSICAL>のロンドン公演のときは「いったいこのオーディエンスとどのようにコミュニケーションを取ればいいんだ?」と思うくらいピリピリした空気がありました。やっていくうちにだんだんといつもの感じになっていきましたけど

──X JAPANのコンサートとはまた違うんですね

YOSHIKI:X JAPANで初めてロンドン公演を演った時は最初から凄く暖かかったんですよね。うわーって歓声も凄く上がっていたので。今回は会場も大きくなっているので多少「どんなバンドかみてやろう」みたいな人も来るとは思うんですが

──X JAPANはロックバンドでしょう?アメリカでは“ロックは死んだ”と言われて久しいですが、ロサンゼルスに住んでいて肌でどう感じますか?

YOSHIKI:ロックは決して死んではいないと思います。サイクルってあると思うんですね…ラップミュージックやヒップホップが流行ったり、EDMが来たり、R&Bが人気だったり…そういう中でロックの波が来るんじゃないかと思うんですけどね。僕はマリリン・マンソンともプロジェクトを行っていますし、他にも色んなアーティストとセッションしたりするんですけど、ロックミュージシャンもすごく元気があってね“またロックが来るんじゃないかな”みたいな、そんな思いがありますよ

──それは朗報だ

YOSHIKI:だから僕もロックを活性化させますよ。水面下では色んなプロジェクトも動いていますし

──音楽が売れない、でもライブシーンは盛況…そういう状況はどう見ていますか?

YOSHIKI:もちろんライブはもの凄く重要だと思います。ロックバンドってそもそもライブから来ているので。色んな流行の波があると言いましたけど“ロックって、波に乗るものじゃなくて波を作るもの”だから一緒に波を作りましょう、と。僕はその準備ができています

──その波はオーディエンスも一緒に作るもの?

YOSHIKI:そうですね。水面に水が落ちた時、波が生じるでしょう?ぼくはその水を落とすことができるので、その波を一緒に作ろうという感じかな。タイミングを待つのではなくタイミングは作ればいい。そもそもX JAPANはアルバムが20年出ていないとかイビツで理に適わないところがあるんですけど、僕には野生の勘みたいなものがあって不思議とタイミングがバシンと合うんです。だからX JAPANのアルバムを出す時は…もう目の前ですけど、必ず何かが起こる節目になるタイミングなんだと思っています

──それはわかります。これまでの歴史がそうでしたから

YOSHIKI:このまえ「日経エンタテインメント!」の人から聞いたんですけど、X JAPAN解散の年が音楽業界の最高の売上を記録した年だったそうです。つまりその年をピークに年々下降を辿ってきている

──ほお。

YOSHIKI:僕らはいつも節目にいるんですよ。このアルバムも節目になるんじゃないかという気がしています

──PATAの急病によってウェンブリー・アリーナ公演が1年スキップされたのも、意味のあることだったのかもしれませんね。映画公開、ロンドン公演、アルバム発売…と、2017年はX JAPAにとって大きな年になりそうで

OSHIKI:個人的には2016年がものすごく忙しかったので「もう、こんな忙しい年は無理」と思っていたんですけど、2017年はもっと過酷なスタートを切っている(笑)ちょっと怖いくらい忙しいし何が起こるか分からない

──ライブも目前ですがYOSHIKIからみて他メンバーはどんなコンディションに見えますか?

YOSHIKI:頼もしいです。すごく疲れて日本に帰ってきたけど、ToshI、PATA、HEATH、SUGIZOの顔を見たら元気をもらった。というか逆に色んな意味で僕は精神的に彼らに引っ張られている感じがする

──それはどういう意味ですか?

YOSHIKI:普通ね、こんなリーダー…はっきり言ってめちゃくちゃじゃないですか

──いやなんとも…。ノーコメントで(笑)

YOSHIKI:世の中の半分くらいの人はそう思っていると思うんですけど(笑)これだけ笑顔で付いてきてくれるなんてありえないと思うんです。その、彼らに対する感謝の気持ちっていうのかな…

──メンバーが頼もしい

YOSHIKI:どこかで“ちゃんとやってくれるんだろう”と思ってくれているのかもしれないですし。X JAPANというバンドの一員となってしまったから“もうしょうがない”と思っているのか(笑)

──絶大なる信頼関係があるのは間違いないですけどね。それは映画『We Are X』の中でも描かれていますし

YOSHIKI:当時メンバーに「人生を俺に預けてくれ」「必ず何かを起こすから」と言っていたわけで、HIDEは当時「YOSHIKIはきっと何かを起こすよね」と言っていたから、そういう意味ではHIDEからも絶大なる信頼を得ていたと思うんです。だから逆に僕もHIDEを頼ったよね。「どうするべき?」と訊くと「YOSHIKIの好きなようにすればいいんだよ」って言ってくれた。今ではToshIとかもそのように言ってくれるから、だからこそ前に行けるのかもしれない

──メンバー全員でウェンブリー・アリーナを成功させて、半年後はどうなっていますか?

YOSHIKI:アルバムが出てて、何かのツアーの発表が始まってて…

──いろんなコラボレーションも発表されたり?

YOSHIKI:そうですねコラボレーションもあるかもしれないですね。ただね、ウェンブリーが終わってアルバムがリリースされたら正直休みたいというのもちょっとある。ずっとスイッチONの状態で、機械でいったら煙が出てて燃えちゃいそうなところまで来ているから

──と言いながらいつも休まないで動き続けてきたわけだけど

YOSHIKI:結構大丈夫な方なんですけど、でも初めてちょっと生命の危機を感じるくらい疲れているなという。だって地上では寝ていないですもん。空の上で寝ていますけどここのところ地上で寝た経験がないですよ(笑)

──地上で寝ない…ってなんかウケる(笑)

YOSHIKI:“地上では寝ない新たな生き物”になっちゃいました(笑)

──進化しちゃった?

YOSHIKI:ホントですよ。地上に降りるとほとんど起きているくらい過酷なスケジュールで、ドクターストップも数ヶ月前からかかっているんで“アルバム完成”と“休憩”が僕の2大課題ですね。でも恐ろしいくらいいろんなことが起こり始めているんで、ミュージシャンとしては幸せなことです

──YOSHIKIに枯渇の文字はないですね。作曲に関しても、産みの苦しみとか聞いたことないし

YOSHIKI:ないですね。むしろ降りてきすぎちゃうくらい。今はバンバン降りてきますね。そもそも譜面に向かった時点で必ず降ろしますし(笑)苦しみはないわけじゃないんですけど……だいたいね、1年に何曲も毎年毎年できるはずがないんです

──どういう意味ですか?

YOSHIKI:それはレーベルが作った商業ベースのスケジュールで、芸術家の観点でいくとそんなコンスタントにできるはずがない。クラシックの作曲家だっていいときもあれば悪いときもある。僕はたまたま何年もリリースしなくても良かった環境に身を置けたから

──なるほど。

YOSHIKI:普通であれば商業ベースに乗って毎年どんどん曲を作って出さなくちゃいけないんです。そうした場合、いくらオリジナリティがあっても曲がダブったりしてね「あの曲と似ているなあ」とかいろんな葛藤が出てくるわけです。それが産みの苦しみにつながる。そういう意味では僕は世の中に曲を出していないからまだまだ隠し玉はいっぱいある。もともと曲はいっぱい書くのでそういう点で産みの苦しみが少ないのかもしれないです

──アーティストとしては健全な状況かとも思います

YOSHIKI:そうかもしれないですね。“音楽ビジネス的には狂っている”かもしれないですけどそれは何をどうとるか…見方次第ですよね

──YOSHIKIの発言が未来のアーティストのヒントや希望になればいい

YOSHIKI:ミュージシャンでいる以上生活もありますから、本来であれば2つくらい職業を持ったほうがいいんじゃないですか?音楽家であり何かであり。本当に書きたい曲を書きたいときに提供すればいいんですから。それが本当の芸術なんじゃないでしょうか。僕はそう思います

* * * * * * *


カッコイーですね♪
良い言葉もたくさんありました☆
*✲゚*。ʚ(*∂∀6)ɞ⋆ྉ


・生活の事を考えると音楽家でも本来であれば2つくらい職業を持ったほうがいいのでは
・お金に支配されるのは違う、人と人を媒介するだけのものに執着する必要はないと思う
・絶対にAIにできないこととは何かを考える。それはきっと「無謀なことができる」こと。それが人間の強みになるのではないか
・やはり成功者は「無謀」ですよね。安定した道を選ばずどこかで無謀な判断をしていると思う
・壁を壊そうとするとき人間は思わぬパワーを発揮する。既成概念を取り払ってやはり諦めず安定を求めず挑戦し続けることが常に結果を出し続けることなのでは
・起業家たちとも親交が深く自身も電気自動車の開発会社に出資するなど個人投資家としての顔も持つ


など参考になる言葉がたくさんありました☆

YOSHIKIさんは拠点がLos Angelesなので、日本に住んでいるアーティストより世の中の事がわかっているのでは…と思っています

AD


この記事へのコメント

このブログの記事一覧

らくがき
スイスゴールデン☆優良なビジネス☆999.99%の純金で品質は世界最高峰☆
sisg.png