中国の巨大経済圏構想「一帯一路」米国の覇権支配終焉---世界で孤立している日本


中国の習近平国家主席が2013年に提唱した巨大経済圏構想である「一帯一路」が進展している

「一帯一路」構想の「一帯」とは「陸の経済圏」、「一路」は「海の経済圏」を意味する、中国とヨーロッパを結ぶ巨大な広域経済圏構想である

中国大陸とヨーロッパが位置するユーラシア大陸は陸続きであり、陸路で中央アジアを経てヨーロッパに続く「一帯」、すなわち「シルクロード経済ベルト」とも呼ばれる



この経済構想は、中国国民だけではなく、世界中の人々を貧困から救い出そうとする計画であるかのように見えます。リーマンショックが転換点となり、“今やアメリカを中心とした世界秩序が終わりを告げようとしている”のです。

外交とはどこまでもアメリカについて行く事だと信じて疑わない日本の官僚は、完全に世界の潮流から乗り遅れ、国益に反することばかりしています。

安倍政権の思惑とすれば、世界中に金をバラ撒いて味方につけ、TPPで中国包囲網を作り、アメリカと一緒に南シナ海を導火線として、生意気な中国をやっつけてやるという感覚だったのだと思います。ところが、まさかのトランプ政権の出現で、全てがひっくり返ってしまいました。

中国包囲網どころか、世界で孤立しているのは日本の方です。
トランプ外交を見ていると、背後に親中のキッシンジャー博士が居るのが明らかで、アメリカは中国と戦争をする気など全くありません。トランプ大統領が中国に接近したのを見て、慌てて中国との関係を改善しようと焦り始めています。

“潮目が明らかに変化している世界情勢”に日本政府がこれからどう向き合うのかが問われていますが、はっきり言って、無能な安倍政権では無理です。
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=143363

「皆さん、善人は勝つ、そして、ハザールマフィアに対する粛清は加速中、犯罪者たちが逮捕されるのはそう遠いことではない。」と、海外の粛清は進んでいるようですが、日本の悪人の粛清は遅れているようですね。。。日本は悪化している感じがします。。。

私としては、指を咥えてされるがままは嫌なので、情報を集めて共有することはもちろん、
自分なりの対策も考えていますよ★



遊びに来て下さって有難うございます<(_ _)>

にほんブログ村 音楽ブログへ



AD


この記事へのコメント

このブログの記事一覧

らくがき

↓お小遣い^^