「世界の様子」と「日本の様子」


世界の様子

第 3 次世界大戦が起こり得ないのがはっきりとしました。こうした変化は、トランプ大統領の非常事態宣言によるものだとのことです。“血統家族は…新しい国際経済計画機関に協力し、資金を提供する意思がある”と述べたということです

“現在、おそらく、地球上にある金塊の約 85%の所有権を有しているドラゴン・ファミリーとゴールドマン・ファミリーズ・グループ(300 人委員会)は、上層部で重要な交渉をしている”そして、和解の方向で進んでいる

プラズマレベルにおいて、彼らと彼らの上位に居るすべての存在が、26 日午前 9 時の時点で、無条件降伏に応じたからです

降伏を交渉しているかのような行動していた代表者は、血統家族は既存の国家と制度をそのまま維持したいと言ったが、彼らは新しい国際経済計画機関に協力し、資金を提供する意思があると述べた

(中略)

現在の国際金融システムの金担保を支配しているゴールデンドラゴンとして知られるグループの代表が、以下のメッセージを白龍会に送ってきた。「和解し、交渉することは非常にうれしい、米国は新たな経済への移行によって新鮮なスタートが切れる」
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=147046


日本の様子

中国を訪問中の自民党の二階幹事長と習近平国家主席が28日に会談する。会談では、来年の実現を調整している安倍総理大臣と習主席による日中相互訪問の環境整備が行われる見通し

二階幹事長は以前、中国共産党との交流イベントで、中国が掲げる「一帯一路構想」について、「お互いが障害を取り除き、自由かつ円滑にビジネスができるようになれば、双方の利益は増大し、日中は共に発展できる」と述べ積極的に関与していく意向を示しました

さて、何が話し合われるのでしょうか?一帯一路ではないはずです。トランプ大統領、プーチン大統領、習主席とキッシンジャーが恒久的世界平和を目指す中、安倍が米戦争屋の下僕として抵抗しているので、相手にされていない。米の倒産もいよいよ実行されるようなので、世界がしっかりとした協調体制を取らないとドタバタになる。一枚岩で受け止めなければならない

おそらく、二階幹事長は、香港、台湾、中国本土の長老と会って、世界の今後の方向性を示されるのではないかと思います

そして年明けに、スパコンとリニアの問題、森友・加計問題は、さらに追及が激しくなり、外堀が埋められる。アーミテージやマイケルグリーン周辺も雲行きがおかしくなるだろう
http://jicchoku.muragon.com/entry/191.html

中東の話しを聞いた時はシナリオ通り進むのか!?と思いましたが、どうやら悪い勢力は降参しそうですね
良かった~

だけど、イエメンの攻撃は終わっていないようです。なぜ。。
それから日本。悪い政策だらけなので、
これをすべて破棄しないといけませんね!!
<(`^´)>








遊びに来て下さって有難うございます<(_ _)>

にほんブログ村 音楽ブログへ



AD


この記事へのコメント

このブログの記事一覧

らくがき

↓お小遣い^^