2018年。「これから」の示唆を思う




報道だとインフルエンザが世界中でとても流行しているそうですが、周囲などとの実感が伴わないので、どこまで信用していいのかよくわかりません。

しかし、いろいろな意味で、今後も「付加価値をつけて存在が肥大していく《単なる風邪》」というインフルエンザの図式は拡大していきそうです。

私自身はインフルエンザにかかったことがないですけれど、過去にあろうがなかろうが、過去記事にも書いたことがありますけれど、「予防」という概念はオカルトだと本当に思います。

ただ、現在、どうやら予防とかワクチンとか(インフルエンザだけでなく、いろいろな病気の分野で)の拡大の方向性の中で、そういうものの情報に何らかの「力」がかかっている時期のようです。

陰謀論とまでは言いませんけれど、日本もアメリカもメディア報道の内容が、ちょっと合理性を欠いた異様な空気に満ちている部分が多いです。

このエキセントリックさには、何というかこう……たとえば、この世に「地球温暖化」という言葉が出始めた時のような「圧力の存在」を感じます。

おそらく、この圧力は増していくと思います。なぜかというと、これについての準備的報道が相次いでいるからです。

多少厄介な時代にもなり得るのかもしれません。

しかし、どんな時代になったとしても、たとえばイエス・キリストも以下のように言っているように、この世は考え方次第で生き抜けるはずです。


◆新約聖書:ルカによる福音書 16章 08節
この世の子らはその時代に対しては、光の子らよりも利口である。

るいは、この次の節には「不正の富を用いてでも、自分のために友だちをつくるがよい。(ルカによる福音書 / 16章9節)」とさえあり、どうやら「現実的なサバイバル」を賞賛しています。

浮き足だった理想論や夢物語の中にではなく、生きている世の中にある通常の観念の中に「常にとるべき最善の方法がある」ということを言っていたようです

これからそれが試される時代だと思います。


Twitterのまとめを見て下さっている人は、いらっしゃるかどうかわからないですけど(^^;ゞ
Twitterを見てる限り、浮足立ってもいられなく感じます;
かと言って、重苦しい気持ちでもなにも上手く行かないから、
自分にとって陽の部分も感じながら、最善の方法を考えていきたいと思っています。




遊びに来て下さって有難うございます<(_ _)>

にほんブログ村 音楽ブログへ


AD


この記事へのコメント

このブログの記事一覧

らくがき
スイスゴールデン☆優良なビジネス☆999.99%の純金で品質は世界最高峰☆
sisg.png