日経1000円安 ビットコイン70万 国債の購入限界とは?


国債というのは、日本政府が発行する借用証書のことです。
みなさーん。今年、税収足りませーん。お金貸して下さーい。

そう言って、100万貸してくれたら1年後に101万にして返しますよ。
そういう借用証書を政府が発行して税収を補うのです。

この場合、1年もの国債、金利は1%ですね。

で、この国債を買ってるのが、どこのだれかと言うと。一般市民や民間が買ってるわけじゃないのですね。

その大半を日本銀行がジャブジャブお札を刷って買ってるんですね。その割合が既に半分にも達してるという話です。

今までずーっと買ってきて、そろそろその購入限界が今年半ばに来ると言われているのです。

これでハイパーインフレにならない訳がないのです。ハイパーインフレとは、お金の価値がゼロに近づくことです。つまり物価がバカみたいに上がることですね。

ある日、お金の価値が無になる日が来る。
あら?
なにこの紙切れ?
そうなる日が来るかもしれないという話なのです

今回はその小手調べです。
本番は来年以降。そう見てます。

その昔、ネットで流行った予言

流行が完全に終わる。無くなる。
日本で今まで安定していて永遠だと思っていた何かが突然終わり、パニックになる。娯楽産業の大企業のひとつが潰れて、大きな流れ(たぶん連鎖倒産)ができる。

中東で正義を掲げた紛争が起こるが、その直後に何かの情報が漏れて攻めた側が大批判される。それが世界戦争へ繋がることはないが、世界のパワーバランスが崩れる契機になる。

金貸し(金融)の完全規制を検討する国が現れて、世界中で議論が沸騰する。野菜の流通か小麦関連か、日本で食糧問題が起こる。社会問題になる。

経済か治安か、ともかく大都市神話が崩れて、都市脱出が真剣に検討され始める。

https://golden-tamatama.com/blog-entry-bouraku-nikke-bitcoin.html

   * * *

(;゚д゚) …!?

大量の債務通貨(円)を投入することで、一旦は急激に円高に転換する

遊びに来て下さって有難うございます<(_ _)>

にほんブログ村 音楽ブログへ



AD


この記事へのコメント

このブログの記事一覧

らくがき
スイスゴールデン☆優良なビジネス☆999.99%の純金で品質は世界最高峰☆
sisg.png