アメリカの軍需産業再編と ロシアの最新兵器☆


トランプ大統領が大統領選に勝利した直後に、CNAS(新アメリカ安全保障センター)というシンクタンクが「未来の鋳型(Future Foundry)」というレポートを報告しました。これは次期国防長官に向けて出された政策提言ですが、トランプ政権の基本的な政策になっている可能性があります。


ちなみにCNASとは、2009年のオバマ政権時に元国務次官補カート・キャンベルが中心となって設立した軍産複合体系のシンクタンクのことです。リチャード・アーミテージやジョセフ・ナイなどが多数結集しています。当然、ヒラリー・クリントンを支持していました。


タイトルにある「未来の鋳型」とは、ロシアの軍事力はアメリカをすでに上回っており、アメリカは覇権を維持するだけの軍事力をすでに保持していないとする報告書です。その理由は、アメリカの軍事産業がITや製造業などの最先端テクノロジーを取り入れることができなくなったからです。


つまり、アメリカの軍事産業のベースとなっているテクノロジーは、すでに時代遅れになっているわけです。この状況を打開して軍事力を再建するためには、軍事産業を再編成し、最先端テクノロジーを基礎にした生産基盤を早急に作らなければならないとしています。


一方、このレポートの前提になっているのは、アメリカの兵器システムはロシアより劣っているという明らかな認識です。3月初めにロシアのプーチン大統領が一般教書演説で明らかにしたロシアの最新兵器システムを見れば、アメリカのこの不安が決して根拠のないものではないことがわかります。


(中略)


また、グローバリゼーションによってアメリカの企業と労働者の間では大きな格差が生まれています。これはアメリカの国力を維持するにはマイナスであるとする認識も前提にあり、家族が夫の給与だけで豊かに暮らせるという、かつてのアメリカを取り戻してこそ社会は基礎から安定するという認識があるものと考えられます。


これは国家の安全保障にとっても非常に重要なことで、アマゾンやグーグルなどの最先端のIT企業は、結局は効率的な配送サービスやデータの解析と運用をするビジネスにすぎないことから。国家の安全保障に寄与するところはほとんどないと判断されているようです。


したがって、製造業の国内回帰を促進させて軍事産業を強化し、それに必要となる国内のインフラを整備することで、中間層を復活させなければならないと、トランプ政権は考えていることがわかるはずです。


今回の鉄鋼とアルミニウムに対して、保護主義的な高関税をかけることは、安全保障上の脅威からアメリカを守り、軍事技術でロシアや中国を凌駕するとしたトランプ政権の方針から出された政策です。製造業の基盤をアメリカに回帰させ、軍需産業を強化するために半導体などの高度なテクノロジーにこれから包括的な高関税が賦課される可能性は高いと見るべきです。


要するに、トランプ大統領が行っていることは、これまでアメリカが世界経済を牽引したグローバリゼーションを否定し、軍需産業をベースにした一国主義的な民族資本主義のモデルへの回帰だということです。


さて、トランプ政権によるこのような保護主義的な政策が世界経済にどのような結果をもたらすかは、明らかです。この政策は、生産拠点の世界的な分散化と金融資本主義の発展に主導された現在のグローバリゼーションの否定です。


軍産複合体は、グローバリゼーションの結果、ロシアや中国などの新興国が急速に台頭したため、アメリカの軍事的な優位が失われつつあると認識しています。アメリカの覇権を維持し、安全保障上の脅威を除去するためには、グローバリゼーションの経済成長モデルを否定してでも、製造業の国内回帰を促進し、軍需産業の高度化を図らなければならないわけです。


最終的には、保護関税の強化による貿易戦争によって、グローバリゼーションは減速し、世界経済は停滞することになると思います。これからトランプ政権は包括的な高関税の適用を進めていけば、世界経済にとっての決定的な転機になり、リバタリアンにとっては優位な社会になるかもしれません。
詳しくはこちら

リバタリアニズムは「自由至上主義」とも訳される政治思想で、古典的な自由主義です。「徴税は国家による私有財産権への侵害である」といった風に考えます。つまり、国家による福祉のような「積極的自由」には否定的で、「消極的自由」を重んじます。「政府には金を賢く使う能力がない」というのがリバタリアンの考え方です。

ノーラン・チャートは「経済的自由」と「個人的自由」という2つの軸からなります
参照元

グローバリゼーションとは新自由主義の事ですよね?「個人の平等」「権利保障」「情報公開」が欠如している。人、カネ、モノが国民国家の枠組みを超えて活発に移動し、各国経済の開放と、世界の産業、文化、経済市場の統合が進む現象をいう。世界の異なる部分間の結びつきの強化が促進されるというメリットがある。他方で、自国の農業、工業が脅かされ、多国籍企業への利潤集中が発生する、貧富の拡大が世界規模ですすむ、といったデメリットもあるといわれている。

グローバル化は多国籍企業や政府に利権があるだけで、国民にはデメリットしかないんじゃないの!?だからグローバル化の終了を早急に望みますね♪♪♪


最後まで見て下さり本当に有難うございます321057.gif

AD





この記事へのコメント

このブログの記事一覧

らくがき

↓お小遣い^^