生き物は調子が悪い時ほど「動きません」


人間だけが、調子が悪い時ほど「動き周り、結局、更に最悪を招く」

上手くいかない時ほど、動かず ずっと瞑想でもしていれば良いのに、それが出来ないんですよね。動かなければ、勝手に世界が動いてくれるのに、なんとも非効率なことをみんなやっている。

結局どこかにまた流れて行きます。何故か?「動かない」ということが出来ないから。動くことしか学んでいないから、常に何かをやることに一生懸命になる。

なので、何もしないこと、やらないこと、動かないことは、退屈過ぎてやれないんです。本当にどうしようないなと思ったら、試しにずっと動かないことを試してみたら良いのに誰もそれをしない。

動かないことがどれだけの利益をもたらすか?動くことしか知らないから止まれないんです。止まると、損する、置いてかれると思っているのかな?

そもそも人生は競争じゃないから。何かを得たら幸せになれると思っている人は大きな誤解をしている


「ダメなときはダメなんだから素直に一度死ね!身も心も一度死ねばまた0からやり直せる」でも、ほとんどの人は死ぬことを嫌う。

ここまでやったんだから、折角続けたんだから・・・勿体ないとか・・・
ある程度までは立てられても元がずれてたら、幾ら途中修正しても無理なものは無理。一回全部ぶち壊して、作り直した方が早いです。

トランスパーソナル心理学のスタニスラフ・グロフ博士は「人間は一生のうちに何百回もの、価値観の死を経験している」と言いましたが、そうした破壊を経験しながら人は成長していくんです。

意識的にそれを繰り返せる人もいるが、必然的にいつも人や物もすべてを失ってまたやり直すこと。いずれにしろ、0に戻せるかどうかが鍵。


どんなに過酷でも、どんなに周りに酷い人間や、騙されたり、裏切られたり、石を投げられることがあっても、やることをちゃんとやっていけば、最後は大抵良くなります。

神様は誰も人を不幸せにするようには作っていません。ただ、そこから逃げたり、誤魔化したりすると最初の設計図(運命)からずれるので、その場合はどうなるかは分かりません


ほほぅ~☆٩(*∂∀6)۶

遊びに来て下さって有難うございます<(_ _)>

にほんブログ村 音楽ブログへ



AD





この記事へのコメント

このブログの記事一覧

らくがき
スイスゴールデン☆優良なビジネス☆999.99%の純金で品質は世界最高峰☆
sisg.png