日本は外側が王国でありながら、内側が代議制民主政体の「貴族政治.独裁政治」


4月30日に明人天皇が退位して上皇となり
翌日5月1日に徳仁天皇が即位した。

日本国は、
世界に向かって平和に新国王を迎えて
世界に向かって、まるで中世国家のように
王国としての姿を強調した


日本国は、
外側が王国でありながら
内側が代議制民主政体の
二重構造の「入れ子」構造の国である。
立憲君主政の国である。
この考えしか他には成り立たない。
世界中から、諸外国から見ても、
どうしても、このように見える


日本の憲法学者や政治学者たちも
「日本国は外側が王国(憲法1条から8条)であり、
その内側が民主政治体制(国権の最高機関は国会とする憲法41条)の二重構造の国である」としている。

今は、
天皇が国家元首で有ることに
異論を言い出す人はいなくなったってしまった


いやいや、私や他の人も
天皇制廃止!と大きな声で言っていますよ
(-_-)/~~~ピシー!


(中略)

今の日本国は、
国民の多くが貧乏のまま、ヒドい不況のまま、
優れていない(つまり、愚か者の)政治指導者たちがいて、
国民生活が圧迫されたままの「貧乏でもいい、平和で有りさえすれば」の
ギリギリの選択をしながら生き延びている

 
日本の最大の弱点は、指導者である。
国民の各層はしっかりしているのに、
政権政治家たちの能力が、あまりにヒドい


あまりにも低劣な愚かな者たちが一番上にいるものだから、
日本は、ちっとも元気が出ない。
皆、おろおろしている。
指導者が、国民から軽蔑されている。
諸外国と較べて、どうしても、このように見える。

このことが、日本国の最大の危機である

(省略)
https://blog.goo.ne.jp/a01549200/e/8e912c26cb097784760801a11fcaf18a

この方も一部は私も共感しますが
全てではありません(^^ゞ
私は天皇制は必要ないと思っています。
表の天皇は良きに見えますが、
裏の天皇の事も知ると…
↓愚か者同士ですもんね。。


ただのお飾りモノに
莫大な税金を使う必要はない。

「貧乏でもいい、平和で有りさえすれば」の
ギリギリの選択をしながら生き延びている
多くの国民に
とっても失礼です!
( `ー´)ノ


新元号に変わると世界恐慌が起こるという経験則を指摘する人は少なくない

遊びに来て下さって有難うございます☆321057.gif

AD


この記事へのコメント

このブログの記事一覧

らくがき

↓お小遣い^^