ガンの三大療法を否定し始めたアメリカ


【「遠隔気功研究所」より 】

「米国政府機関 OTA レポート」をご存知ですか?OTA というのは、米議会の調査専門部門のアメリカ議会技術評価局です。その機関が1990年にリポートを発表し、それを受けてアメリカ政府は。

「抗がん剤は“無効”どころか、打てば打つほど患者を死亡させる」「代替医療に比べて、抗がん剤、放射線、手術のガン“三大療法”は無効かつ危険」との裁定を下しました。

そして、ガン治療には代替療法を選択する道を推奨しました。アメリカ政府が、現代医学のガン治療の無効性・危険性を公式に認めました。

ところが、世界のメディアはこのニュースを黙殺しました。日本のマスコミも、一字すら伝えることはありませんでした。ガンの治療には莫大なお金が動きます。だから、巨大利権にかかわる情報はこのように完全に封殺されて、市民に届くことはありません。

しかし、OTA レポートの登場以来、欧米のガン治療分野では流れが変わってきました。治療のトレンドが自然療法、代替療法に向いてきました。アメリカでもインテリ層を中心に、ガン患者が代替医療を選択し始めたそうです。

それは、
食事療法、心理療法、ヨーガ、瞑想、ヒーリング、手当てなどなど、古来からの伝統療法です。

アメリカでは OTA レポート以来、大きな奇跡が起こっています。毎年、ガン死者が数千人単位で減り続けているそうです。猛毒の抗ガン剤や有害な放射線治療を拒否する患者が増えた結果です。
http://cancer-treatment-with-diet-cure.doorblog.jp/archives/36212447.html

AD



世にも美しいガンの治し方suu.png

肝臓ガンと診断され、余命3カ月と宣告された方が、一切の薬を断ち、体温をあげて代謝をあげ、排毒を促す石原メソッドを受けました。

それは、コップ3杯のニンジン・リンゴジュースを1日3回飲む。そして、基本的に食事は1日1食。しょうがと腹巻。そして、なんと1年後、腫瘍は消え、がんが完治!・・・という奇跡の体験談なのです。

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/cd16bb3140c5549ccf9262196bee3cac


* * * * * *

身体の調子が悪いとすぐ病院に行って、医者の言うなりになるのはもうやめたいですね。自然治癒力や免疫力を上げることに気をつけたいです。

医療も政府による利権絡みだったり、病院のお金儲けのためかと思うとうんざりします。。。

食べ物や日用品に関しても、なんだか信用できないモノがあります。どうしてこんな日本になっちゃったのかな。。。色んな事に対して安全な物を探してシンプルでありたいと思ってしまいます。

おすすめの記事

医者に言われても受けてはいけない手術&飲み続けてはいけない薬!suu.png

この記事へのコメント

このブログの記事一覧

らくがき
スイスゴールデン☆優良なビジネス☆999.99%の純金で品質は世界最高峰☆
sisg.png