千円札の記号と番号、褐色から紺色に…来年3月から印刷色変更

財務省は10月18日、 千円札の記号と番号の印刷色について、 2019年3月18日の発行分より 現行の褐色から紺色に変えると発表した お札に印刷しているアルファベットと数字の組み合わせ「記番号」をすべて使い切ったため。 紺色に変更して、同じ番号で再び発行する 野口英世の肖像をあしらった現行千円札の印刷色の変更は、 11年7月に続き2度目となる これまでに発行された…

続きを読む

プーチンのポスト・ソビエト鉄道が日本列島を縦断する

「とにかく、年内に日ロ平和条約を結ぼう」と、プーチンが安倍晋三に持ち掛けた唐突な提案の真意は、ここから始まった新世界秩序(ニュー・ワールド・オーダー)を本当に理解すると、いとも簡単に解くことができる。そして、彼らが未来に何を起こそうとしているのかも分かる。画像は、三極委員会の(The Trilateral Commission)の1989年の報告書の最後のページから転載。1989年1月2…

続きを読む

負・悪が滅びていく様子が♪金融もジワジワ♪

★世界の様子 南アフリカでは⇒ジワジワどころではない『黒人から奪った土地の無償返還』で逃げ出す白人殺到‼️ラマポーザ大統領は7月31日憲法改正を発表⇒現地では対象地区がネットに公開され当該土地の白人は逃亡!アパルトヘイトの因果応報だが⇒裏はプーチンの世界ハザール殲滅作戦https://t.co/nMexfn0v5E— 今後の行方 (@way_of_tomorrow) 201…

続きを読む

2018/08/22Twitterで知る世の中の事☆福島原発事故による被曝には注意ですよ☆

miumiu6a / のらねこ☆🌈✨RT @way_of_tomorrow: 続:これを拡散希望‼️ 警告!! 福島原発事故による被曝に注意 もはや日本中どこにいても被曝は免れない状況だ そんな状態でも観光客は勿論だが2020年にオリンピック選手は被曝しに日本に来るの? ⇒日本は只今絶賛 汚染中だ! って、海外… at 08/22 01:00 miumiu6a /…

続きを読む

人工地震は あ~る☆(・ω・ノ)ノ!

過去の人工地震の記事。画像検索結果。これでも信じない? pic.twitter.com/BFdUVvVhPD— ゆず@母を介護中 (@love_80s_) 2018年7月22日 要するに、日本に寄生する戦争屋が、自然地震を偽装して核武装に向けた地下核実験を行ってきたということ。ロシア国防省がズバリ警告してくれているのだから、日本に巣食う戦争屋ももう逃げられない。座して粛清を待つ…

続きを読む

安倍政権 ひっそり「主要農作物種子法」廃止へ

懸念している理由は、安倍政権下で日本のグローバル化が急速に進んでおり、日本の国体がまるごと崩壊しつつあります。安倍政権で竹中平蔵が内閣府に深く入り込んだ時点で安倍政権はNWOのグローバリストのための政権であることが分かりました 安倍政権の政策はまさにNWOそのものです。 大企業減税、株主優遇、庶民虐めの消費税増税、移民(外国人労働者)大量受け入れ、外国人観光客の大規模誘致と外国人…

続きを読む

アメリカの軍需産業再編と ロシアの最新兵器☆

トランプ大統領が大統領選に勝利した直後に、CNAS(新アメリカ安全保障センター)というシンクタンクが「未来の鋳型(Future Foundry)」というレポートを報告しました。これは次期国防長官に向けて出された政策提言ですが、トランプ政権の基本的な政策になっている可能性があります。 ちなみにCNASとは、2009年のオバマ政権時に元国務次官補カート・キャンベルが中心となって設立した軍産…

続きを読む

日本人が住みにくくなる国。。。日本

≫全国初 人口減少対策に外国人の移住を促進 広島 まさか地方自治体が移民の大量受け入れを始めるなんて… 日本の地方もリベラル左翼のお花畑が多いものです。 彼等は移民を受け入れた後にどのような問題が発生するかなどは一切考えません。 政府の外国人優遇「お・も・て・な・し」洗脳が地方自治体にまで広がっています。 広島 安芸高田の浜田一義市長 「人口減少はまちの存続にかかることで、地…

続きを読む

2018年は「巨大地震頻発」の年に?「地球磁気の逆転」近い将来起こる可能性?

「地磁気の逆転」近い将来起こる可能性、約80万年発生せず 【ポールシフト】「地磁気の逆転」近い将来起こる可能性、約80万年発生せずhttps://t.co/PwZGogta0A過去2000万年の間、約20万年から30万年に1回のサイクルで発生。地球の磁気はここ数十年で急激に弱まっており、逆転の到来が近付いているという。 pic.twitter.com/l4lSAGNXpU— ラ…

続きを読む

コントロールを失いつつある各国政府・中央銀行の通貨と、それ以後を生き抜く経済サバイバル術

2008年に起きたリーマンショック以来、政府日銀や欧州中央銀行(ECB)の量的金融緩和政策によって、株式市場、債券市場、不動産市場、絵画をはじめとする美術品市場など、ありとあらゆる市場がバブルになっていることが報道されています。 株式市場や通貨の暴落というのは、バブルかそうでないかの議論を超えて、もはや時間の問題となっていることは誰の目にも明らかになっていると思います。 例えば、…

続きを読む

このブログの記事一覧

らくがき

↓お小遣い^^