安倍政権 ひっそり「主要農作物種子法」廃止へ

懸念している理由は、安倍政権下で日本のグローバル化が急速に進んでおり、日本の国体がまるごと崩壊しつつあります。安倍政権で竹中平蔵が内閣府に深く入り込んだ時点で安倍政権はNWOのグローバリストのための政権であることが分かりました 安倍政権の政策はまさにNWOそのものです。 大企業減税、株主優遇、庶民虐めの消費税増税、移民(外国人労働者)大量受け入れ、外国人観光客の大規模誘致と外国人…

続きを読む

アメリカの軍需産業再編と ロシアの最新兵器☆

トランプ大統領が大統領選に勝利した直後に、CNAS(新アメリカ安全保障センター)というシンクタンクが「未来の鋳型(Future Foundry)」というレポートを報告しました。これは次期国防長官に向けて出された政策提言ですが、トランプ政権の基本的な政策になっている可能性があります。 ちなみにCNASとは、2009年のオバマ政権時に元国務次官補カート・キャンベルが中心となって設立した軍産…

続きを読む

日本人が住みにくくなる国。。。日本

≫全国初 人口減少対策に外国人の移住を促進 広島 まさか地方自治体が移民の大量受け入れを始めるなんて… 日本の地方もリベラル左翼のお花畑が多いものです。 彼等は移民を受け入れた後にどのような問題が発生するかなどは一切考えません。 政府の外国人優遇「お・も・て・な・し」洗脳が地方自治体にまで広がっています。 広島 安芸高田の浜田一義市長 「人口減少はまちの存続にかかることで、地…

続きを読む

2018年は「巨大地震頻発」の年に?「地球磁気の逆転」近い将来起こる可能性?

「地磁気の逆転」近い将来起こる可能性、約80万年発生せず 【ポールシフト】「地磁気の逆転」近い将来起こる可能性、約80万年発生せずhttps://t.co/PwZGogta0A過去2000万年の間、約20万年から30万年に1回のサイクルで発生。地球の磁気はここ数十年で急激に弱まっており、逆転の到来が近付いているという。 pic.twitter.com/l4lSAGNXpU— ラ…

続きを読む

コントロールを失いつつある各国政府・中央銀行の通貨と、それ以後を生き抜く経済サバイバル術

2008年に起きたリーマンショック以来、政府日銀や欧州中央銀行(ECB)の量的金融緩和政策によって、株式市場、債券市場、不動産市場、絵画をはじめとする美術品市場など、ありとあらゆる市場がバブルになっていることが報道されています。 株式市場や通貨の暴落というのは、バブルかそうでないかの議論を超えて、もはや時間の問題となっていることは誰の目にも明らかになっていると思います。 例えば、…

続きを読む

気になる地図☆彡

もう成り立たねえよ。奨学金返済,学費の親負担という「年功賃金」を前提としたシステムは。 pic.twitter.com/7UVRVcuHAQ— 舞田敏彦 (@tmaita77) 2018年2月20日 ついに出た!☟核のごみ最終処分場「適地」900自治体に 陸地の3割:日本経済新聞 https://t.co/TJqIJuJa9o経済産業省は「科学的特性マップ」を公表した。経産…

続きを読む

ホームレスから億万長者になる秘訣~陰謀論まで

2018/01/18 に公開 1:00:50 ビジネスオーナーになるか 投資家になるかの2つ。 ビジネスモデルを作る。 正しい人・誠実な人達とビジネスする 巨人の肩に乗る * * * マニラ(フィリピンの首都)は商業国・動く 気 日本は土着精神・家庭的 自分の場所を中心 中国は 蟹の国・権力・パワーを求める 火 フィリピンは回す国・お金か空気か解らな…

続きを読む

「新階級社会」日本の不都合な真実-週刊現代

日本はもう既に階級社会になってて、一方で年収186万円、一日500円稼ぐのがやっと。そういうアンダークラスの人々がどんどん増えてるとありました。   * * * ↓ある富裕層の話し 入会金540万円のスポーツジム 頑張れば報われるそれは、昭和の牧歌的な風景だったのかもしれない 仮にM氏としよう。 シンガポールに住む投資家で元々メーカー勤務のサラリー マン…

続きを読む

日経1000円安 ビットコイン70万 国債の購入限界とは?

国債というのは、日本政府が発行する借用証書のことです。 みなさーん。今年、税収足りませーん。お金貸して下さーい。 そう言って、100万貸してくれたら1年後に101万にして返しますよ。 そういう借用証書を政府が発行して税収を補うのです。 この場合、1年もの国債、金利は1%ですね。 で、この国債を買ってるのが、どこのだれかと言うと。一般市民や民間が買ってるわけじゃないのです…

続きを読む

大量の債務通貨(円)を投入することで、一旦は急激に円高に転換する

先週金曜日、ビットコインを筆頭とする仮想通貨が暴落し、ついにアメリカではダウ平均株価が-666ドルと暴落し、昨日月曜日は-1,175ドルと大暴落しました。 そのアメリカの財務状況は、デフォルト(国家債務不履行)直前の状況に追い込まれています。これはリーマンショックから約10年、また金融危機が起きようとしています。 (まだ金融メルトダウンが終わっていない: 株価が激しく上がったり…

続きを読む

このブログの記事一覧

らくがき
スイスゴールデン☆優良なビジネス☆999.99%の純金で品質は世界最高峰☆
sisg.png