日本は「格差社会」である前に「階級社会」

「格差」と「階級」を簡単に説明すると 格差とは社会の中で所得や待遇に差が生じている「結果」に重点を置く言葉で、 階級・階層とは育った環境のような「社会的背景」に重きを置いた言葉である。 日本ではイギリス、アメリカと同じように、親の経済力・学歴、出身地が子供の学歴に影響を与えている。 子供の貧困が話題になっているが、そもそも学歴に対する意識の低い家庭では、経済的な成功に結びつき…

続きを読む

惑星地球の古代の支配法則が崩壊している

G7(ドイツ、英国、米国企業、日本、イタリア、フランスとカナダ)が平和の問題を議論するために白龍会代表と会ったと、その会議に出席した白龍会メンバーは言う。もちろん、G7は13血統家族にとっては政治的全面である。この会合は軍産複合体内部の人々がイエス・キリストの精神で行動することで可能になったことは間違いがない。だから、彼らに「メリークリスマスと新年あけましておめでとう」 秘話を交渉する…

続きを読む

中東決戦の行方(追記あり)

中東決戦の行方 ・いよいよ中東で決戦が始まる ・世界から孤立したイスラエルとシオニストの行方 ・イスラエルと連携したサウジ、アラブ首長国連邦の行方とその後のイスラム世界 ・米国のシオニスト勢力の行方と米国のこれから ・ロシア、イラン、シリア、トルコ、中国、欧州のこれから ・中東決戦を受けて北朝鮮はどう動くか ・今回の戦争逃避資産はビットコインへ ・米国の金融引き締めと国際金融…

続きを読む

市場の様子は、良く変わるね^^;

ウエブボットの相場予測 仮想通貨 ウェブボットが2018年2月から秋にかけて予想していたビットコインの価格水準は3ヵ月ほど前倒しで実現しています。しかし、11月のウェブボットのレポートでは、大きな調整の時期があると述べていました。それはまだ起こっていませんが、これから大きく下げることもあるので注意が必要です ここ一週間で見ると、ライトコインやリップル、ネムなども急激に上げてきま…

続きを読む

クリスマス前後に起こる 仮想通貨ビットコインの大暴落予測?

170万円にまで価格が上昇した仮想通貨ビットコインですが、当シンクタンクの分析シナリオでは、仮想通貨大暴落の具体的なタイミングを予測しています 仮想通貨の上場ともいえるICOに対して、ついにアメリカ規制当局が世界で初めて規制に入りました。これは相当なインパクトのあるニュースです。このトレンドはあるタイミングから怒涛のものになるというわけです。 仮想通貨は今年のクリスマス頃から20…

続きを読む

2018年はどんな年?時事

2017年は「立志」志の年 どこに行くか決めていかないと漂流しちゃいますよ。 2018年は「祓」 独裁者を払う年。株の下落なので独裁者がいなくなる。 利害損得でつきあっている人も祓い 助成金補助金のある事業はダメ 今は非人間的なので人間性を尊重して経済活動をしよう 農業、種子は固定種で! 社会保障、健康を考える 株が大暴落すると中身のある会社だけ生き残る 国債(債務)…

続きを読む

金融エリートは新たな金融システムを確立中ですのでその準備をしておいてください

ヨーロッパの銀行の多くが破たん寸前だそうです。特にイタリアは酷いようです。イタリアの銀行が破綻すれば、ヨーロッパ全体に影響を及ぼします。その後、アメリカに影響を及ぼすことになります。 中国経済は既に崩壊していると言われていますが、金融エリートが金融の中心をアメリカから中国やロシアに移しているため、中国経済は崩壊させないのかもしれません。中国経済を今崩壊させれば金融エリートの計画がうまく…

続きを読む

中国の巨大経済圏構想「一帯一路」米国の覇権支配終焉---世界で孤立している日本

中国の習近平国家主席が2013年に提唱した巨大経済圏構想である「一帯一路」が進展している 「一帯一路」構想の「一帯」とは「陸の経済圏」、「一路」は「海の経済圏」を意味する、中国とヨーロッパを結ぶ巨大な広域経済圏構想である 中国大陸とヨーロッパが位置するユーラシア大陸は陸続きであり、陸路で中央アジアを経てヨーロッパに続く「一帯」、すなわち「シルクロード経済ベルト」とも呼ばれる …

続きを読む

2019年4月に太陽黒点数がゼロになるタイミングで新世界秩序が現れる?

下の図は、NICT(情報通信研究機構)の太陽黒点情報のもので、さらに予測値では、このまま推移すれば2019年4月には平均黒点数がゼロになる≫http://swc.nict.go.jp/sunspot/ 太陽は、今や黒点のない空白の状態となっているのが分かります。 この太陽黒点のない状態は 2019年から 2020年に到達すると予測されている新しい太陽活動最小期の到来を告げる…

続きを読む

アメリカと日本、そして北朝鮮の役割。。。

アメリカの戦争経済とは、自国経済状況が悪くなり、景気回復のために行うものとして知られています。それは、できるだけアメリカ本土から遠いところで戦争が起きて、そこでアメリカ製の兵器が独占的に使われることです。アメリカが中東地域で紛争を延々と続けている背景にはこうした戦争経済の論理というものがあります。 (中略) 戦後GHQが占領統治を始めた時のマッカーサー最高司令官の考えとは全く違う…

続きを読む

このブログの記事一覧

らくがき

↓お小遣い^^