2018/02/14Twitterで知る世の中の事☆((*∂∀6))ノシ






























2018/02/13Twitterで知る世の中の事☆((*∂∀6))ノシ








































































超 管理社会


意外と思うかもしれませんが人工知能を語るには今や中国なんです。特許数は米国に次ぎ2位、伸び率200%。人工知能分野では米国を猛追してるのは中国です。

◆ ◆ ◆

・中国の警官が、顔認証メガネの使用を開始した。メガネはデータベースとリンクし、旅行者と容疑者を照合する。現在までに、交通違反から人身売買のような犯罪まで、様々な容疑者を特定している。さらに偽の身分証明書を使っていた26人が旅行を禁じされた。

・中国は、顔認証がかなり広がっている。人の顔を人工知能で識別してデータベースの個人データと照合する

・中国では、鉄道での旅行には身分証明書が必須。この規則は、多くの借金を抱えた人が高速鉄道を利用することや、身分証明書を没収され、パスポート取得が何年も拒否されているチベット仏教の僧侶・尼僧などの移動を制限している。

・無人コンビニと言えば最近、Amazon Goが話題だが、無人コンビニは中国の方が上で、どんどん増えてます。これも顔認証を使ってます。

・中国は、既に現金はあまり使われておらず、QRコードのモバイル決済が主流。取引額は既に約620兆円。アメリカの約50倍、日本の約120倍。モバイル決済会社はAlipay(支付宝)。そしてWeChat Payment(微信支付)の2社がほぼ独占。

◆ ◆ ◆

モバイル決済と顔認証、そしてコンビニの購買データ等々。個人情報と紐づけて中央サーバーにデータを蓄積していく。

そして、そのビックデータを人工知能で分析してる。そうすると人の行動パターン、未来予測ができるようになるのです。

AIによる超管理社会。それは中国で徐々にですが実現してきているのです。


   * * *

そして
人工知能と結びつけられて危ないのが、電子マネーです。

日本でも、Apple payやGoogle pay。Line payとかどんどん流行って来てます。
スマホ決済です。これらは中央管理型です。

そして、最近、グーグルホームとアマゾンエコーもかなり売れてます。あのLINE社もClovaというスマートスピーカー始めました。

何故 こういうのを流行らすのか?

それは、音声データ、趣味趣向、購買データ、日々の体調データ。便利だね~と感心してる間に、個人データがどんどん中央サーバーに送られていってるのです。日々 情報を与えて性能をあげる手助けをしてるのです。人工知能が発達するのを手伝っているのです。

静かに広がるAI管理、庶民はじわじわ来るモノのに弱い。

知らない間にAIの手先になってるのです。気づいた時には、中国のように超管理社会になってることでしょう。



   * * *

① 仮想通貨やブロックチェーンは、逆にデータは中央サーバーに置かずに 分散化してみんなで管理する仕組みです。分散台帳です。
ブロックチェーンとは、管理社会を阻止しようとする仕組みです。こんなのが広がったらムサシで不正選挙ができなくなるのです。だから奴らは必死に叩いてるのです。

② ビットコインやブロックチェーンは 奴らの技術です。
人工知能と結びついて超管理社会を実現するのです。危険です。騙されてはダメです!

https://golden-tamatama.com/blog-entry-chaina-ai-distopia.html

仮想通過については。2パターンの意見がありますね( *´艸`)
今は仮想通過を投機として考え、お金を増やす事に利用するぐらいが良いかも?ビットコインもリップルもあちら側の仮想通貨とも聞きましたし、他にもあちら側のがあるかもしれません。投機でも出来れば避けたいです、あちら側の価値を上げたくないですからwww
それから例え投機でも無茶は厳禁ですね、余剰資金内で絶対する事☆


遊びに来て下さって有難うございます<(_ _)>

にほんブログ村 音楽ブログへ



AD


2018/02/12Twitterで知る世の中の事☆((*∂∀6))ノシ


























































































このブログの記事一覧

らくがき
スイスゴールデン☆優良なビジネス☆999.99%の純金で品質は世界最高峰☆
sisg.png